NEW
青空に笑顔の白い航跡 エアレースパイロット室屋義秀さん(動画)

- 話題
青空に笑顔の白い航跡 著名エアレースパイロット「空見上げてリフレッシュして」 毎日新聞

コロナ禍で沈みがちな人たちに元気を届けようと、「空のF1」とも呼ばれる小型プロペラ機によるエアレースの国際的パイロット、室屋義秀さん(47)=福島市在住=が4日、福島県内の上空を飛行。
スモークによる白い航跡で、青空に笑顔マークを描いたそうです。

室屋さんは「空を見上げて気分をリフレッシュし、少しでも明るい気持ちになってもらえたら」とコメントしたといいます。
続きを見る >>

NEW
北海道)真夏日の十勝 輝く菜の花畑 音更 他

- 時事
● マヤ文明で最大の建造物見つかる 「文明観を覆す発見」
 - 朝日新聞
 古代マヤ文明の遺跡の調査を進める日本や米国、メキシコなどの研究チームが、メキシコ南部のアグアダ・フェニックス遺跡で、同文明で最大とみられる建造物を確認した。南北約1400メートル、東西約400メートルにわたっており、祭祀(さいし)用とみられる。

● 宮崎駿さん企画の新作長編アニメ、NHKが今冬に放送へ
 - 朝日新聞
 スタジオジブリが新作長編アニメ「アーヤと魔女」を制作し、冬にNHKで放送する。3日、NHKが発表した。宮崎駿さんが企画し、長男の吾朗さんが監督する3DCG作品という。

● インドとパキスタンでもバッタ大量発生 新型コロナで失職の貧困層に追い打ち - 毎日新聞
 アラビア半島やアフリカ東部などに続きインドとパキスタンでも農作物を食い荒らすバッタが大量に発生し、被害の深刻化が懸念されている。

● 真夏日の十勝 輝く菜の花畑 音更
 - 北海道新聞
 5月31日、2日連続で真夏日になった音更町では、農場で栽培する黄色い菜の花が満開になり、残雪の日高山脈を背に強い日差しを浴びて黄色く輝いていた。
続きを見る >>

NEW
「ウイルスの次にやってくるもの」 日赤の啓発動画が話題(動画)

- 話題
「ウイルスの次にやってくるもの」 過剰な恐怖から感染拡大へ、日赤の啓発動画が話題 産経ニュース

新型コロナウイルスとの向き合い方を啓発するため日本赤十字社が作成したアニメーション「ウイルスの次にやってくるもの」が話題を集めているそうです。

見えないウイルスへの過剰な恐怖から差別や偏見が生まれ、自分が感染しても隠すようになる結果、感染がさらに拡大していく構図を、絵本のような温かいタッチの絵とナレーションで示した3分余りの作品。

正しい知識と、互いの励まし合いで恐怖は乗り越えられると呼び掛けています。
続きを見る >>

NEW
皇居・東御苑の一般公開が再開 他

- 時事
「足利学校」でカルガモのヒナ11羽スイスイ 緊急事態宣言明け待っていた? - 毎日新聞
 栃木県足利市昌平町の国指定史跡「足利学校」の堀端で、今年もカルガモのヒナが生まれ、親鳥の後を追ってお堀を泳ぎ回っている。
 昨年より1カ月半も遅く、緊急事態宣言明けを待っていたかのような登場。

「虎ノ門ヒルズ」新駅舎公開
 - 時事通信
 東京メトロ日比谷線の新駅として6日に開業する「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)の駅舎が完成し、報道陣に2日公開された。日比谷線では1964年の全線開業以来56年ぶりの新駅。

● 悠々と
 - 産経ニュース
 ドイツ・フランクフルトで、朝焼けの中、線路の上を歩く猫。見事にバランスを保っています。

● 皇居・東御苑の一般公開が再開
 - 時事通信
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、皇居・東御苑の一般公開が2日、約2カ月ぶりに再開した。
 ちょうど見頃を迎えたハナショウブなどを楽しんだ。
続きを見る >>

NEW
新茶で安らぎ届けたい京都・和束町(動画)

- 話題
新茶で安らぎ届けたい京都・和束町
SankeiNews

京都府南部に位置する和束(わづか)町は、山の急な斜面にまでお茶の段々畑が広がっているお茶づくりの町だといいます。

同町は、京都府の「荒茶」(一次加工したお茶)出荷量の約半分に値する1328トンを誇り、「桃源郷」にちなんだ「茶源郷」ともいわれているそうです。

新茶の季節を迎えた茶畑を上空から望むと、いくつもの畝が伸び、まるで大きな緑色の織物のような景色が広がっています。
続きを見る >>