grove

NEW
山梨でスズランが見ごろ 暖かい陽気で一気に開花 他

- 時事
● 漂着したビン、スペイン語の手紙 文面が告げる差出人は
 - 朝日新聞
 太平洋に浮かぶ日本最東端・南鳥島の砂浜で4月、ガラス瓶に入った手紙が見つかった。手紙はスペイン語でつづられており、10年余りかけて海を渡ってきたとみられている。
 スペイン語で書かれた文章には、2009年に向けて「私」が望むこととして、箇条書きで14の願い事が記されていた。

富山)藤子不二雄が通った書店、26日閉店
 - 読売新聞
 漫画家の藤子不二雄(A)さんと1996年に亡くなった藤子・F・不二雄さんが、デビュー前に通ったことで知られる富山県高岡市の文苑堂書店高岡駅前店が26日、閉店する。

フラミンゴ「味わう」レストラン 具材ではありませんが
 - 朝日新聞
 茨城県ひたちなか市にあるレストラン「メヒコ 水戸フラミンゴ館」を訪れると、まず目に飛び込んでくる光景だ。店内中央を、何羽ものフラミンゴが優雅に歩いている。

● 山梨でスズランが見ごろ 暖かい陽気で一気に開花(動画)
 - ANNnews
 山梨県笛吹市では、今「ニホンスズラン」が見頃を迎えています。
 標高1300メートルにある広さ2.6ヘクタールの白樺林。ここに二ホンスズランが群生しています。
 葉の影に隠れて花を咲かせる姿から君影草とも呼ばれています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

NEW
イノシシのようですが「ペッカリー」です(動画)

- 話題
イノシシのようですが「ペッカリー」です
ANNnews

チェコの首都プラハの動物園で生まれたペッカリーの赤ちゃんの映像です。

イノシシとよく似た外見ですが、分類上はイノシシと別のグループに属しているといいます。

乱獲などで生息数が年々減少し、絶滅危惧種に。
ヨーロッパの動物園が種の保護に努めているそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

NEW
高知)真っ赤なバラのアーチ満開 モネの庭 他

- 時事
岐阜)「水うちわ」作り最盛期 作業最盛期の水うちわ
 - 産経ニュース
 本番を前に「水うちわ」作りが岐阜市で最盛期を迎えている。
 一つ一つ手作業で竹の骨組みに薄い和紙を貼り、表面にニスを塗って透明感たっぷりに仕上げる。

● 佐賀)今年もツバメがやってきた 20年見守り続け
 - 朝日新聞
 佐賀市中心部の佐賀県庁近くの民家に、ツバメの巣が四つ並んでいる。ツバメたちは毎年5月上旬からこの家の軒先を借り、大家さん一家に見守られながら、子育てに精を出す。

● スパコン京後継は「富岳」 理研、21年ごろ運用へ(動画)
 - 共同通信
 理化学研究所は23日、8月に運用を終えるスーパーコンピューター「京」の後継機の名を「富岳」に決めたと発表した。

● 高知)真っ赤なバラのアーチ満開 モネの庭 北川村
 - 朝日新聞
 青空にかかる真っ赤なバラの橋……。高知県北川村のモネの庭マルモッタンで、200種500本のバラの花が、初夏の風に甘い香りを漂わせている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
黒っぽいキタキツネ 北海道・知床(動画)

- 話題
黒っぽいキタキツネ<知床リポート>
北海道新聞

木々の芽吹きも始まり、春本番を迎えた北海道・知床で、バードウォッチング中に見られた1頭のキタキツネの映像です。

色が通常の明るい茶色ではなく、だいぶ黒っぽい個体だったといいます。

黒い色が背中で十字を描くように見えることから十字ギツネと呼ばれることもあるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

NEW
船上でイルカウオッチング! 青森・むつ湾フェリー 他

- 時事
● 三重)愛らしいシカの親子を撮影 名張
 - 朝日新聞
 三重県名張市緑が丘中のアマチュア写真家、朝倉啓介さん(81)が、生まれて間もない子を連れたニホンジカ親子の珍しい姿を市内でカメラに収めた。

枯死の危機越えラン初開花 福島、震災で温室損壊
 - 産経ニュース
 福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまで、約20年にわたって育てられてきた東南アジア原産の貴重なランが初めて開花した。
東日本大震災でランが植えられていた温室が損壊。温度管理ができなくなる状態が数カ月間続き、枯れてしまう危険性もあった。

駅弁立ち売り60年、5月で幕 美濃太田 夫婦の松茸飯
 - 朝日新聞
 JR美濃太田駅(岐阜県美濃加茂市)には、全国で数少ない駅弁の立ち売りが残っている。手がけてきたのは、老夫婦が営む駅弁屋「向龍館」。名物の釜飯をホームで60年売り歩いてきたが、高齢化と客の減少で5月末で店をたたむことになった。

● 船上でイルカウオッチング! 青森・むつ湾フェリー(動画)
 - FNN PRIME
 船のすぐ近くを軽快に泳ぐのは、野生のカマイルカ。
 青森県のむつ湾フェリーでは毎年この時期、高確率で船上からイルカの群れが見られる。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3