NEW
北海道)ティラノサウルス“激走” 奈井江で着ぐるみレース(動画)

- 話題
ティラノサウルス“激走” 奈井江で着ぐるみレース
北海道新聞

恐竜の着ぐるみ姿で競走する「ティラノサウルスレース」が24日、町内の道の駅ハウスヤルビ奈井江で開かれたそうです。

道外で今年、人気に火が付いた催しで、沖縄を含む道内外から約100頭の「恐竜」が出場。コミカルな動きを見せながら激走し、観衆も盛んに声援を送りました。

2メートル超のティラノサウルスの着ぐるみ姿で激走するこのレースは今年、鳥取などで開催されネット上でも話題に。50メートルの直線コースに立った恐竜たちは首を振りながら勢いよく走り出し、途中でつまずくなど悪戦苦闘しながらも力を振り絞り完走したそうです。
続きを見る >>

NEW
“海王星の輪”鮮明に撮影 NASAが最新画像を公開 他

- 時事
● 神社の水柱、噴出止まる 北海道長万部町、高さ30メートル
 - 産経ニュース
 北海道長万部町の神社敷地内で、一時約30メートルの高さに達した水柱の噴出が止まったことが26日、町への取材で分かった。
 水柱は8月8日に出現。多くの観光客が訪れる一方、近隣住民からは水しぶきや騒音などの被害を訴える声が上がっていた。

絶対に触ってはいけない猛毒キノコ、散策路に次々出現…ナラ枯れが影響か - 読売新聞
 猛毒キノコ「カエンタケ」が、狭山丘陵の広がる埼玉県西部を中心に埼玉県内で相次いで見つかっている。触れると炎症を起こし、過去には食べた人の死亡例もある。自治体などは「絶対に触ったり、食べたりしないで」と注意を呼びかけている。

● 神戸でアーティスト集う「村」づくり 空き家9軒のエリアごと改修
 - 朝日新聞
 空き家が集中するエリアをまるごと改修して、アーティストらの「村」を作る――。そんなプロジェクトを、神戸市の建築家、西村周治さん(39)が進めている。

“海王星の輪”鮮明に撮影 NASAが最新画像を公開(動画)
 - ANNnews
 暗闇に浮かぶのは、地球から43億キロ離れた太陽系の惑星・海王星です。その周りには、土星のような「輪」がハッキリと捉えられています。NASAが、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡で撮影した最新画像を公開しました。海王星は、太陽系で地球から最も遠くに位置する惑星。
続きを見る >>

NEW
読書の秋 本の森で出会う一冊 金沢「石川県立図書館」(動画)

- 特集
読書の秋 本の森で出会う一冊 金沢「石川県立図書館」
産経ニュース

今年7月に開館した金沢市の石川県立図書館を紹介しています。
4階建ての円形劇場を思わせる空間に、約30万冊の開架資料のうち約7万冊が並びます。

図書館の愛称は「百万石ビブリオバウム」。ビブリオはラテン語で「本」、バウムはドイツ語で「樹木」という意味。

図書館としては珍しく、会話や携帯電話での通話を許可しているそうです。
約500席ある閲覧席もバラエティー豊か。窓際の書斎のようなデスクに座ろうか、本棚の絶景を見下ろせるソファにしようかと、お気に入りの場所を探すのも楽しいといいます。
続きを見る >>

NEW
千葉)20万本のヒガンバナが見頃 他

- 時事
● サンセバスチャン国際映画祭、最優秀監督賞に「百花」の川村元気氏…日本人の受賞は初 - 読売新聞
 スペインのサンセバスチャンで24日夜(日本時間25日未明)、第70回サンセバスチャン国際映画祭の授賞式が行われ、コンペティション部門に出品されていた「百花」の川村元気監督(43)が、最優秀監督賞を受賞した。日本人監督の同賞受賞は初めて。

感謝の「10円カレー」、日比谷公園「松本楼」できょう提供
 - 読売新聞
 日比谷公園内にあるレストラン「日比谷松本楼」(東京都千代田区)で25日、「10円カレー」が提供される。1973年から始まった恒例のチャリティーイベント。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる。

● アキバのそばでテント泊 キャンプ人気、ビギナー狙ったビジネス続々 - 朝日新聞
 8月下旬、東京・秋葉原。ガタン、ゴトンと、電車が通り過ぎる音が響くJR線の高架下に、テントが所狭しと並んでいた。/「高架下キャンプ練習場」 都心のど真ん中で、初めてのキャンプに挑んでもらおうと、ジェイアール東日本都市開発が期間限定で企画した。

20万本のヒガンバナが見頃(動画)
 - 時事通信
 千葉県八千代市の村上緑地公園で見頃を迎えたヒガンバナ。市民が参加して2013年から球根を植え続け、現在では約1万6000平方メートルに20万本が広がる。
続きを見る >>

NEW
コウノトリ2羽が巣立ち 国内2位の飼育数誇る多摩動物公園(動画)

- 話題
コウノトリの繁殖を支えるのは、折れたくちばしの「外科手術」
毎日新聞

多摩動物公園(東京都日野市)で8月、今年5月にふ化したコウノトリ(ニホンコウノトリ)2羽が元気に巣立ちしたそうです。

国内で繁殖する野生のコウノトリは1971年に絶滅。
88年、国内で初めて同園で飼育下の繁殖に成功したそうです。

コウノトリは、けんかしたり、驚いて飛び立ったりして、金網にくちばしを引っかけて折ることがあるといいます。順調に続く飼育は、細長く折れやすいくちばしの「外科手術」が支えているといいます。
続きを見る >>