特集

1 2 3 4 5 6 7 次へ

NEW
​未明の輝き まるで宇宙基地 長野新幹線車両センター(動画)

- 特集
未明の輝き まるで宇宙基地 長野新幹線車両センター
産経ニュース

長野県長野市にある新幹線の車両基地「長野新幹線車両センター」を紹介しています。
深夜から早朝にかけて、運行を終えた車両が整然と並ぶそうです。

「かがやき」や「あさま」など4種類の愛称で親しまれている北陸新幹線。
バラエティーに富む東北新幹線などと異なり、北陸新幹線は外見が一緒のE7系とW7系だけだといい、そのため、同一デザインの列車が集結すると、独特の風景ができあがるといいます。

赤いテールランプをともし、出番を待ち静かに並ぶ新幹線。
夜明け前の車両基地には、宇宙基地のような光景が広がっています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

​女神が演出 厳冬の絶景 長野・霧ケ峰高原(動画)

- 特集
女神が演出 厳冬の絶景 長野・霧ケ峰高原
産経ニュース

長野県中部の諏訪、茅野2市と下諏訪町にまたがる霧ケ峰高原を紹介しています。

霧ケ峰高原は、主峰に車山を抱く、標高1500~1900メートルに及ぶ丘陵地帯。
厳冬期には氷点下20度に迫ることもありますが、冬場も観光道路「ビーナスライン」は除雪されアクセスが可能で、都心から日帰りで厳寒の景色を体験できるそうです。

名前の通り一帯は霧が多いといいますが、冬は好天が続き南アルプスや富士山など、雪化粧した名峰も見晴らせるといいます。

映像では、早朝、オレンジ色に染めながら太陽が姿を見せると、群生する木々がまばゆい光に縁取られ、降り注ぐ粉雪がキラキラと輝いています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

​黄金色輝く豊かな海 佐賀県「有明海」(動画)

- 特集
黄金色輝く豊かな海 佐賀県「有明海」
産経ニュース

福岡、佐賀、長崎、熊本の九州4県にまたがる日本最大の干潟、有明海を紹介しています。

満潮と干潮の潮位の差、干満差は日本一といい、ムツゴロウや多くの水鳥の生息地として知られています。

佐賀県白石町にある「桜の里」の展望所からは、朝日に照らされ黄金色に輝く有明海と、大きなS字を描きながらそこに流れ込む塩田川を一望できるそうです。

映像では、夜明け前、空が赤みを帯びた後、対岸の山の峰から太陽が顔を出し、遠浅の海が黄金色に染まっていく様子が映っています。

この絶景は、行けば必ず出会えるものではなく、太陽が正面から上がってくる12月下旬から1月上旬のわずかな期間が好機だといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​鈴を落とした招き猫 熊本県・阿蘇南外輪山(動画)

- 特集
鈴を落とした招き猫 熊本県・阿蘇南外輪山
産経ニュース

熊本県南阿蘇村の阿蘇南外輪山。
その岩山の中腹にある、猫のシルエットに見える空洞を紹介しています。

空洞には、かつて「免の石」という巨大な石が宙に浮くように挟まってあり、「落ちない石」として受験生や就活生が合格祈願に訪れる場所だったといいます。

しかし、2016年の熊本地震で石が落下。思いがけず、そこから現れたのが猫のシルエットだったそうです。
「免の石」を失いましたが、国内外から猫をひと目見ようと登山客が訪れ、再び地元の人気スポットになったそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​真っ赤に染まる秋の名画 兵庫県豊岡市「安国寺」(動画)

- 特集
真っ赤に染まる秋の名画 兵庫県豊岡市「安国寺」
産経ニュース

紅葉したドウダンツツジが本堂から眺めると額縁に納まる絵画のように見えることで知られる兵庫県豊岡市の安国寺を紹介しています。

安国寺は、臨済宗大徳寺派に属する禅寺。
数度の火災を経て、明治37年に現在の場所に本堂が再建されたといいます。

裏庭の築山に植えられたドウダンツツジは、古いもので樹齢150年を超えるといいます。
本来は上へ上へと成長しますが、同寺では雪の重みで枝が左右に10メートル以上も伸び、「雪が作った自然の芸術」とも称されるそうです。

紅葉を迎える11月、約2週間だけ本堂が一般公開され、期間限定の「名画」を一目見ようと多くの参拝客が訪れるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​「知」の冒険へ、学生誘う宇宙船 成蹊大学図書館(動画)

- 特集
「知」の冒険へ、学生誘う宇宙船 成蹊大学図書館
産経ニュース

東京都武蔵野市にキャンパスがある成蹊大学の図書館を紹介しています。

平成18年9月に完成した図書館はユニークな構造で知られ、採光性に優れたガラス張りの壁面の内側に、5基の「プラネット」と呼ばれる球体状の部屋が浮かぶように配置されているそうです。

設計は建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞を受賞した建築家の坂茂氏。坂氏は小学校から高校まで成蹊に通ったそうです。

夕日が落ち、明かりがつくと図書館は一層存在感を増し、近未来のSFのような空間が光を放っています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

太古の流れ星が眠る島 大分県津久見市「網代島」(動画)

- 特集
太古の流れ星が眠る島 大分県津久見市「網代島」
産経ニュース

大分県津久見市の網代島(あじろじま)を紹介しています。

網代島は、海底で形成された地層が、プレートの動きで地上に露出した地形を持つそうです。約2億年以上前の太古の海底で形成された地層を、直接見て触れることができるといいます。

平成19年からの調査では、網代島の地層から約2億4000万年前の「宇宙塵(うちゅうじん)」が見つかり話題になったそうです。

宇宙塵は、宇宙空間に存在する直径1ミリ以下の物質。
網代島の地層は海底で形成されたため、堆積した速度が遅く、宇宙塵が高密度で含まれる特徴があるといい、足元には太古の「流れ星のかけら」が眠っています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​北の実り運ぶ「ジャガイモ列車」 北海道・十勝地方(動画)

- 特集
北の実り運ぶ「ジャガイモ列車」 北海道・十勝地方
産経ニュース

「ジャガイモ列車」の愛称で知られる臨時の貨物列車が、北海道・十勝平野を駆ける――。

例年9月中旬から1カ月間、一日一本の運行で、計約1万3千トンの“新ジャガ”を本州へ運ぶそうです。

今年は北海道胆振東部地震の影響で、列車の運行開始が例年に比べて約1週間遅れましたが、連なるコンテナに秋の実りを詰めて、ディーゼル機関車が十勝平野を力強く進んでいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​瀬戸内の水鏡 香川県三豊市「父母ケ浜」(動画)

- 特集
SNSで発信、瀬戸内の水鏡 香川県三豊市「父母ケ浜」
産経ニュース

香川県三豊市の父母ケ浜(ちちぶがはま)を紹介しています。

遠浅の海で、干潮時にいくつも潮だまりが出現。
風がない夕方には、水鏡となった潮だまりに刻々と色を変える天空が映り込み、天地が反転したかのような絶景となるといいます。

この景色が写真映えすると話題となり、国内外から観光客が急増しているそうです。
日が傾くころ、傘や風船など思い思いの撮影小道具を手に、多くの人が海岸に集まってきています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

4
1 2 3 4 5 6 7 次へ