特集

1 2 3 4 5 6 7 次へ

​鈴を落とした招き猫 熊本県・阿蘇南外輪山(動画)

- 特集
鈴を落とした招き猫 熊本県・阿蘇南外輪山
産経ニュース

熊本県南阿蘇村の阿蘇南外輪山。
その岩山の中腹にある、猫のシルエットに見える空洞を紹介しています。

空洞には、かつて「免の石」という巨大な石が宙に浮くように挟まってあり、「落ちない石」として受験生や就活生が合格祈願に訪れる場所だったといいます。

しかし、2016年の熊本地震で石が落下。思いがけず、そこから現れたのが猫のシルエットだったそうです。
「免の石」を失いましたが、国内外から猫をひと目見ようと登山客が訪れ、再び地元の人気スポットになったそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​真っ赤に染まる秋の名画 兵庫県豊岡市「安国寺」(動画)

- 特集
真っ赤に染まる秋の名画 兵庫県豊岡市「安国寺」
産経ニュース

紅葉したドウダンツツジが本堂から眺めると額縁に納まる絵画のように見えることで知られる兵庫県豊岡市の安国寺を紹介しています。

安国寺は、臨済宗大徳寺派に属する禅寺。
数度の火災を経て、明治37年に現在の場所に本堂が再建されたといいます。

裏庭の築山に植えられたドウダンツツジは、古いもので樹齢150年を超えるといいます。
本来は上へ上へと成長しますが、同寺では雪の重みで枝が左右に10メートル以上も伸び、「雪が作った自然の芸術」とも称されるそうです。

紅葉を迎える11月、約2週間だけ本堂が一般公開され、期間限定の「名画」を一目見ようと多くの参拝客が訪れるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​「知」の冒険へ、学生誘う宇宙船 成蹊大学図書館(動画)

- 特集
「知」の冒険へ、学生誘う宇宙船 成蹊大学図書館
産経ニュース

東京都武蔵野市にキャンパスがある成蹊大学の図書館を紹介しています。

平成18年9月に完成した図書館はユニークな構造で知られ、採光性に優れたガラス張りの壁面の内側に、5基の「プラネット」と呼ばれる球体状の部屋が浮かぶように配置されているそうです。

設計は建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞を受賞した建築家の坂茂氏。坂氏は小学校から高校まで成蹊に通ったそうです。

夕日が落ち、明かりがつくと図書館は一層存在感を増し、近未来のSFのような空間が光を放っています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

太古の流れ星が眠る島 大分県津久見市「網代島」(動画)

- 特集
太古の流れ星が眠る島 大分県津久見市「網代島」
産経ニュース

大分県津久見市の網代島(あじろじま)を紹介しています。

網代島は、海底で形成された地層が、プレートの動きで地上に露出した地形を持つそうです。約2億年以上前の太古の海底で形成された地層を、直接見て触れることができるといいます。

平成19年からの調査では、網代島の地層から約2億4000万年前の「宇宙塵(うちゅうじん)」が見つかり話題になったそうです。

宇宙塵は、宇宙空間に存在する直径1ミリ以下の物質。
網代島の地層は海底で形成されたため、堆積した速度が遅く、宇宙塵が高密度で含まれる特徴があるといい、足元には太古の「流れ星のかけら」が眠っています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​北の実り運ぶ「ジャガイモ列車」 北海道・十勝地方(動画)

- 特集
北の実り運ぶ「ジャガイモ列車」 北海道・十勝地方
産経ニュース

「ジャガイモ列車」の愛称で知られる臨時の貨物列車が、北海道・十勝平野を駆ける――。

例年9月中旬から1カ月間、一日一本の運行で、計約1万3千トンの“新ジャガ”を本州へ運ぶそうです。

今年は北海道胆振東部地震の影響で、列車の運行開始が例年に比べて約1週間遅れましたが、連なるコンテナに秋の実りを詰めて、ディーゼル機関車が十勝平野を力強く進んでいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​瀬戸内の水鏡 香川県三豊市「父母ケ浜」(動画)

- 特集
SNSで発信、瀬戸内の水鏡 香川県三豊市「父母ケ浜」
産経ニュース

香川県三豊市の父母ケ浜(ちちぶがはま)を紹介しています。

遠浅の海で、干潮時にいくつも潮だまりが出現。
風がない夕方には、水鏡となった潮だまりに刻々と色を変える天空が映り込み、天地が反転したかのような絶景となるといいます。

この景色が写真映えすると話題となり、国内外から観光客が急増しているそうです。
日が傾くころ、傘や風船など思い思いの撮影小道具を手に、多くの人が海岸に集まってきています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

4

​森に埋もれるグラウンド 福島県立浪江高校 津島校(動画)

- 特集
森に埋もれるグラウンド 福島県立浪江高校 津島校
産経ニュース

東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故により立ち入りが規制されている県立浪江高校津島校(福島県浪江町)の現在の様子を伝えています。

浪江町は昨年3月に一部地域で避難指示が解除されましたが、津島校のある北西部は帰還困難区域内にあり住むことはできず、同校も震災当時のままとなっているといいます。

震災から7年半、グラウンドが周囲の森に同化され、マツの木で覆われ始めています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​都市の輝き 見守る富士 静岡市(動画)

- 特集
都市の輝き 見守る富士 静岡市
産経ニュース

富士山の世界文化遺産登録から5年。
静岡市西部の山にある「朝鮮岩」と呼ばれる展望スポットから望む、富士山と都市の風景を紹介しています。

富士山の絶景が望めるスポットは広く紹介されていますが、都市の風景として撮影できる場所は多くないといいます。

映像の朝鮮岩から望んだ風景では、眼下に約70万人が暮らす県都の街並みが広がるその奥で、富士山の雄大なシルエットが浮かび上がり、日が沈むと街明かりに輝く静岡市街を見守るように佇んでいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

雄峰へ続く天空の道 高知県いの町「UFOライン」(動画)

- 特集
雄峰へ続く天空の道 高知県いの町「UFOライン」
産経ニュース

高知と愛媛の県境、四国山地の尾根沿いを走る通称「UFOライン」を紹介しています。

高知県いの町の町道で全長約26キロ。
近くで未確認飛行物体(UFO)を目撃したとの話題が地元紙に掲載されたこともあり、UFOラインと呼ばれるようになったといいます。

標高1300メートルを超える尾根沿いを縫うように走り、高地のため周囲は高い樹木が少なく見通しがよいことから、絶景を楽しめるといい、晴れた日には瀬戸内海や太平洋も望めるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

4
1 2 3 4 5 6 7 次へ