NEW
​NHKノーナレ「おいらは農家 純情ラプソデー」

- 映画・テレビ鑑賞
番組HPより)
不安な時代に、自給自足を目指して、不思議な野菜を育てる29歳の農家。農の世界を開拓する。

---
岡山県高梁市で農業を営む若者、石橋千賀良さんに密着したドキュメントです。

自給自足を理想とし、東京から移住してきたのどかな農村で、やぶを切り開いて畑をつくり、イタリアなどの珍しい野菜を独自に育てている、行動力のある若者でした。

さらしにサングラスを身に着け、石原裕次郎が好きでドラムを叩き、カウボーイにも憧れて...という今どきの若者とは違う、ひと昔前の人のような独特の雰囲気のある不思議な人でしたが、決して奇をてらっているという感じではなく、しっかりとした自分の考えを持ち、自分のやりたいことをして伸び伸びと生きているのが良いなと思いました。
続きを見る >>

NEW
​NHKブラタモリ「呉~“戦艦大和のふるさと”呉はどうできた?~」

- 映画・テレビ鑑賞
(番組HPより)
「東洋一の軍港」とも呼ばれた呉の町の成り立ちをタモリさんがブラブラ歩いて解き明かす

---
広島県の呉市を訪れ、かつて東洋一の軍港とも呼ばれた町がどのようにできたか解き明かした回です。

世界最大の戦艦「大和」を建造した港でもあり、その痕跡やエピソードにも触れました。主砲の砲弾は信じがたいほどの飛距離だったそうで、いかに巨大な戦艦だったかが、うかがい知れました。

旧日本海軍の軍港は全国に4つあり、その中でも呉は特別な役割を担ったそうです。なぜここが軍港になったかは、呉の町を一望できる山があり、そこに立つととても適した場所だったことがよく分かりました。

山からの眺めが「この世界の片隅に」を思い起こさせる素晴らしい眺望で、急斜面にに張り付くように建つ家もある坂の町の一面もあり、素敵な町でした。
続きを見る >>

NEW
刑事コロンボ「仮面の男」

- 映画・テレビ鑑賞
番組HPより)
表向きは経営コンサルタント、実は...。

刑事コロンボは、視聴者には最初に犯人の巧妙な犯行の様子を見せて
その後コロンボが捜査しながら犯人を突き止めていく展開のドラマシリーズ。

---
表向きは経営コンサルタントで、裏では別の顔を持つ男が、犯行に及ぶお話です。

少し複雑なストーリーでしたが、物語が進むにつれ、だんだんと理解でき入り込みました。

犯人は冷静な目をした頭の切れる人物で、用心深く証拠を残さないようにして、この男にたどりつくまでがまずひと苦労でした。

さり気なくアリバイ工作した証拠を準備しておくなど用意周到で、手強い相手でしたが、最後に相手の上をいく決め手となるものをコロンボ警部が示して見事な逆転劇でした。
続きを見る >>

NHKさわやか自然百景「長野 伊那谷」

- 映画・テレビ鑑賞
番組HPより)
中央アルプスと南アルプスに挟まれた細長い盆地、長野県の伊那谷。
秋、盆地を取り囲む山々が紅葉で美しく彩られるころ、伊那谷は生きものたちでにぎわう。

---
秋、長野県の伊那谷に集まる生きものたちを見つめた回です。

谷と名に付きますが、南北60キロに及ぶ細長い盆地で、中央に天竜川が流れている水と緑が豊かな場所でした。秋、紅葉の季節になると、山肌をおおう森は褐色のカラマツや真っ赤なカエデに彩られて、赤色で統一された紅葉が鮮やかでした。

また、伊那谷には、川が台地を削ってできた「田切地形」と呼ばれる地形があり、田切地形の端は高低差50mもある崖になっていて特徴的でした。

その崖の下には緑豊かな雑木林が広がっていて、雑木林はさまざまな鳥やキツネなどでにぎわい、また雑木林近くにある集落には、夜に食べ物を探してタヌキの家族も現れたりして、独特な地形を上手に利用して暮らす生きものたちの姿が見られました。
続きを見る >>

​NHK歴史発掘ミステリー 京都 千年蔵「大原 勝林院」

- 映画・テレビ鑑賞
番組HPより)
「蔵」―千年の歴史が詰まったタイムカプセル。仏像、絵画、法具、古文書、合計1853点の寺宝を全部出し調査!!平安創建の大原・勝林院。京都の奥座敷に眠っていた知られざる秘話を発掘。

---
京都・大原の勝林院に眠る文化財を調査した番組です。

平安時代、1013年に創建された由緒ある寺院ですが、今は訪れる人は少なく建物の傷みが進んで、さびれた感じがありました。そんな寺を救おうと、全国の専門家たちが立ち上がり、今回の調査を行ったということです。

本堂や蔵からは仏像、絵画、古文書など数々の文化財が見つかり、その中にはとても貴重なものや名だたる武将に関係したものもあって興味深かったです。

ある戦国武将の直筆ではないかと思われる書状も見つかり、筆跡鑑定が行われましたが、その内容から読み解くと、これまで定説と考えられていた当時の勢力図が変わってくるということで大きな発見がありました。

また、室町時代のある有力者の肖像画も見つかり、なぜ肖像画がここにあるのか謎に迫り、その人物を巡る意外な物語が分かって面白かったです。
続きを見る >>