2017年10月12日

- 時事
対馬のカワウソ、生息確認 ニホンカワウソの可能性低く
 - 朝日新聞
  環境省は、国内で38年ぶりに野生のカワウソが確認された長崎県の対馬でおこなった本格調査で、ユーラシアカワウソのDNAを持つオスの生息が確認されたと発表したそうです。


● 「都こんぶ」入りカレーが好評 華麗に変身
 - 朝日新聞
 1931(昭和6)年発売のロングセラー「都こんぶ」入りのレトルトカレー(税抜き420円)が誕生し、大阪府内の駅の売店などで販売されているそうです。細かく刻んだ都こんぶがルーに混ぜ込んであるもので、好評だそうです。


● 鮒ずし味ポテチ発売へ 「衝撃的挑戦」独特の風味いかに
 - 朝日新聞
カルビーが滋賀県ゆかりの発酵食「鮒(ふな)ずし」の味のポテトチップスを近畿6府県内で限定販売する。11月13日から。


● 富山湾に「流氷の天使」 クリオネの新種発見(動画)
 - 共同通信
 巻き貝の仲間で「流氷の天使」と呼ばれるクリオネの新種が富山湾内で見つかったと富山大が発表したそうです。
 新種は富山湾に生息する固有種の可能性が高いといいます。
 これまでに世界で確認されているクリオネは4種で、昨年も約100年ぶりに新種がオホーツク海で見つかっていました。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3