時事

NEW
花でつくったパッチワーク 埼玉・秩父のシバザクラ 他

- 時事
一面に広がる絶景 佐倉チューリップフェスタ(動画)
 - SankeiNews
 千葉県佐倉市の佐倉ふるさと広場で「佐倉チューリップフェスタ2019」が開催されている。オランダ風車が優雅な風景を作り出し、見渡す限りのチューリップが彩り豊かに咲き誇る。4月21日まで。

● ティラノサウルスの歯、遠足で見つけた 新種の可能性も
 - 朝日新聞
 早稲田大と久慈琥珀博物館(岩手県久慈市)は19日、同市内で肉食恐竜ティラノサウルス類の歯の化石が見つかったと発表した。
 同県立宮古高校通信制4年の門口裕基さん(18)が、高校の遠足で琥珀採掘体験をしていた際、約9千万年前の地層から発見した。

● 珍しいカタクリ、花びら11枚 通常枚数のほぼ倍
 - 新潟日報
 新潟県南魚沼市の金城山の麓で花びらが11枚ある、珍しいカタクリの花が見つかった。普通は6枚というが、ほぼその倍。

● 花でつくったパッチワーク 埼玉・秩父のシバザクラ
 - 産経ニュース  動画: 共同通信
 埼玉県秩父市の羊山公園「芝桜の丘」の南西斜面でシバザクラが見頃を迎えている。ピンクや白の9種類、40万株以上の花が広大な丘陵に植えられ、訪れた観光客の目を楽しませている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
長崎で帆船まつり開幕 国内外の6隻、優雅に入港 他

- 時事
太陽囲む虹「ハロ」が出現、その下に水平な虹も 山口
 - 朝日新聞
 山口県周南市で18日正午過ぎ、青空を泳ぐこいのぼりの向こうに、太陽の周りを囲む虹の輪と、水平状の虹が現れた。「ハロ」と「環水平アーク」現象と見られる。

栃木)最後の平成っ子カルガモ 足利学校でひな誕生
 - 下野新聞
 栃木県足利市の史跡足利学校で今年もカルガモのひなが生まれ、堀で泳いだり土手の草をついばんだり親子むつまじい姿を見せている。
 同校では毎年春から初夏にかけ、堀脇の土手にあるささやぶにカルガモが巣を作り、ひなが誕生している。

● ネコと「共生」するトルコ
 - 産経ニュース
 トルコは「ネコ好き」が多いことで知られ、中でもイスタンブールは町ぐるみでネコを大切にしている。至る所で野良猫が見られ、飲食店にネコが入ってくることもあるが、市民の多くは笑顔で受け入れる。

● 長崎で帆船まつり開幕 国内外の6隻、優雅に入港(動画)
 - 共同通信
 国内外の帆船が春の長崎港に集う「長崎帆船まつり」が18日、長崎港で始まった。音楽隊の演奏が鳴り響く中、日本とロシア、韓国の帆船6隻が沖合から一列になって入港すると優雅な雰囲気に包まれ、市民や観光客らが出迎えた。期間は今月22日まで。今回で20回目。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
氷割り、湖面に春の航路 マリモの北海道・阿寒湖 他

- 時事
静岡)春に輝くダブルダイヤ 富士宮・田貫湖
 - 静岡新聞
 富士宮市の田貫湖で18日早朝、富士山の山頂から朝日が昇る「ダイヤモンド富士」が見られた。湖面にも霊峰とまばゆい輝きが映し出され、“ダブルダイヤモンド”の情景に感嘆の声が漏れ聞こえた。

● 都内で発見、バンクシーの?絵展示へ 要望多く
 - 朝日新聞
 東京都港区の防潮扉で見つかり、路上アーティストのバンクシーが描いた可能性があるネズミの絵について、都は都庁内で展示する方針を固めた。本人の作品と断定できていないが、「見てみたい」との要望が多いためという。

● トイプードルが警察犬に 「草むらでの捜索たけている」
 - 朝日新聞
 小型犬トイプードルの3歳のオス「マル」が滋賀県警の嘱託警察犬に選ばれた。17日、ゴールデンレトリバーなど大型犬21匹に交じって嘱託書が渡された。「草むらでの捜索にたけている」と県警幹部。活躍への期待は大きい。

氷割り、湖面に春の航路 マリモの北海道・阿寒湖(動画)
 - 共同通信
 国の特別天然記念物マリモが生息する北海道釧路市の阿寒湖で、遊覧船「ましゅう丸」が春の観光シーズンに向け、湖面の氷を割って航路をつくる作業を本格化させている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

「むかわ竜」立ち上がる 北海道、化石基に復元 他

- 時事
ノートルダムの風見鶏、無事だった 「奇跡だ」仏で話題
 - 朝日新聞
 パリのノートルダム大聖堂の火災で、焼け落ちた高さ96mの尖塔の先端に取り付けられていた銅製の風見鶏の像が、焼け跡から見つかった。パリの人々を見守る「お守り」と位置づけられてきた像の発見に、フランスでは「奇跡だ」と話題になっている。

クイーン来日公演へ 「ボヘミアン」ヒット受け来年1月
 - 朝日新聞
 映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットを受け、「クイーン+アダム・ランバート」が来年1月に来日公演を行うことが決まった。

● 川に浮かぶホテル開業へ 大阪、船で送迎も
 - 産経ニュース
 飲食店経営のリタウン(大阪市)は16日、河川に浮かぶホテルを備えた複合商業施設を大阪市大正区で開業すると発表した。河川に浮かぶ宿泊施設は全国で初めてとしている。来年1月の開業を目指す。

● 「むかわ竜」立ち上がる 北海道、化石基に復元(動画)
 - 共同通信
 北海道大学総合博物館の小林快次教授とむかわ町は、ハドロサウルス科恐竜(通称むかわ竜)の全身復元骨格を同町で報道陣に公開した。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

高知)四万十川の空を500匹のこいのぼりが泳ぐ 他

- 時事
● ノートルダム大聖堂の美術品は無事
 - 産経ニュース
 フランスのパリで15日に発生したノートルダム大聖堂火災で、パリ市長は、大聖堂内の重要な美術品や宗教的物品は回収されたと述べた。

● 巨大な雪の壁に圧倒 北アルプス・室堂
 - 産経ニュース
 北アルプスの立山連峰を貫く観光路「立山黒部アルペンルート」が開通した富山県立山町の室堂付近で16日、除雪でできた巨大な雪の壁を散策する「雪の大谷ウォーク」が始まった。観光客は降り積もった圧倒的な雪の量に驚きながら、春の山岳風景を楽しんだ。

● キトラ古墳の青竜、来月18日公開 高松塚の飛鳥美人も
 - 朝日新聞
 奈良県明日香村の特別史跡、キトラ古墳に描かれた極彩色壁画「青竜(せいりゅう)」などが5月18日から、村内の「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」で公開される。

● 高知)四万十川の空を500匹のこいのぼりが泳ぐ
 - 朝日新聞
 約500匹のこいのぼりが四万十川を渡る青空で元気に泳いでいる。高知県四万十町十川の十川体育会が1974年から続けている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

よみがえる4400年前の色鮮やか壁画 エジプト 他

- 時事
● 一面に・・・5万本のチューリップ満開 山梨・甲州市(動画)
 - ANNnews
 山梨県甲州市の庭園では15種類、約5万本のチューリップが満開となっています。今月上旬に咲き始めて先日の雪の影響もなく、咲き具合も良いということです。

● スイセンと桜が鮮やかに共演 群馬県東吾妻町
 - 産経ニュース
 群馬県東吾妻町の岩井親水公園で30万本のラッパスイセンが見頃を迎え、吾妻川沿いの桜並木との鮮やかな共演が訪れた人たちを魅了している。

● ダイヤモンド富士、撮影して22年…「毎日ダイヤ」完成
 - 朝日新聞
 横浜市の田代博さん(69)が先月、1~3月のすべての日付の「ダイヤモンド富士」を撮影した「毎日ダイヤ」を完成させた。1998年1月29日に撮影を始めてから22年目での達成だった。

● よみがえる4400年前の色鮮やか壁画 エジプト
 - 毎日新聞
 エジプト北部サッカラで約4400年前の貴族の墓が見つかり、墓室に描かれていた色鮮やかな壁画が13日、報道陣に公開された。人々の姿などが生き生きと描かれており、保存状態がここまで良好なのは珍しいという。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

滋賀)湖岸を染めるソメイヨシノ満開 他

- 時事
● 梅田の待ち合わせ場所が消える…最後ににぎわう泉の広場
 - 朝日新聞
 大阪・梅田の地下街で、半世紀にわたって待ち合わせ場所として親しまれてきた「泉の広場」。老朽化のため地下街の改装工事が始まるのに伴い、広場のシンボル、噴水が5月に撤去される。
最後の思い出をつくろうと、別れを惜しむ人たちでにぎわっている。

● 大阪・あいりん半世紀、秘蔵ネガ1万枚ネット公開 地元カメラマン
 - 毎日新聞
 大阪市西成区のあいりん地区で労働者の日常を50年前から記録し続ける地元のカメラマン、中島敏(さとし)さん(71)が14日、インターネット上で写真を保存・公開する「フォトアーカイブ」を開設する。
かつての労働者の暮らしぶりや変わりゆく街並みを伝える貴重な資料。

● 缶の中にホクホク「焼き芋」 自販機で販売
 - 朝日新聞
 お金を入れると、茶筒のような缶に入ったホクホクの焼き芋が出てくる――。そんな焼き芋自動販売機を宮崎県延岡市の不動産会社が開発した。3月から会社前に設置したところ、「面白くて、おいしい」と人気を集めている。

● 滋賀)湖岸を染めるソメイヨシノ満開
 - 朝日新聞
 滋賀県高島市マキノ町の景勝地・海津大崎で桜並木が満開となり、湖岸をピンク色に染め上げている。琵琶湖には多くの遊覧船や屋形船が浮かび、花見客らが湖と桜のコントラストを楽しんでいた。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

大阪)舞洲でネモフィラ見頃 他

- 時事
● 人口、過去最大の減少 70歳以上が初めて2割超える
 - 朝日新聞
 総務省は12日、昨年10月1日現在の人口推計を発表した。
 総人口は前年より約26万3千人減の1億2644万3千人で、8年連続の減少。70歳以上が総人口比で初めて2割を超えた。

● 鳥取市でコウノトリ営巣 初確認
 - 産経ニュース
 鳥取市教育委員会は12日、国の特別天然記念物コウノトリのつがいが同市内の鉄塔の上に巣を作っているのを1日に確認したと発表した。
鳥取市でコウノトリの営巣が見られたのは初めてという。

● 東京タワーにこいのぼり 333匹ライトアップ
 - 産経ニュース
 東京タワー(東京都港区)は、5月5日の端午の節句に向け、正面玄関前に大小333匹のこいのぼりを飾っている。夜になるとライトが当てられ、赤、青、オレンジ色など鮮やかな姿が、夜空にくっきりと浮かび上がった。5月6日まで。

大阪)舞洲でネモフィラ見頃(動画)
 - SankeiNews
 大阪市此花区の大阪まいしまシーサイドパークで13日から「ネモフィラ祭り」が始まる。大阪湾をのぞむ丘陵地に植えられた約100万株のネモフィラが青色の絨毯を織り成していた。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

サクラとチューリップの共演​ 東京・国営昭和記念公園 他

- 時事
国宝の曜変3茶碗を公開 東京、滋賀、奈良で
 - 産経ニュース
 奈良市の奈良国立博物館は12日、瑠璃色の斑文で知られ、特別展(13日~)で展示する国宝の茶碗「曜変天目」を報道陣に公開した。
 国宝の曜変天目は国内に3点だけ。他の2点もMIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市)、静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)で公開。

● 謎の「松ぼっくり人形」、登山道に続々 作者も数も不明
 - 朝日新聞
 大阪と奈良の府県境にある金剛山の登山道に、松ぼっくりで作った人形作品が「出現」している。ただ、作者が誰なのか、いつ置かれたのか、全部で何体あるのかは分からない。

● 「世界一美しい」スタバに熱視線 桜並木で至福の一杯
 - 朝日新聞
 「#世界一美しいスタバ」。SNS上でそんなふうに語られるカフェ、スターバックスは、富山市内にある富山環水公園店だ。ガラス張りの店舗は、遠くで雪をいただく立山連峰と、近くで桜が咲く風景と、みごとに調和していた。

サクラとチューリップの共演​ 東京・国営昭和記念公園(動画)
 - 時事通信
 国営昭和記念公園(東京都)では、色とりどりのチューリップが咲き乱れ、サクラとの共演が来園者の目を楽しませている。242品種、22万球のチューリップが植えられており、4月中旬まで見頃だという。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3