話題

NEW
​目印はハート、連れ去られた子猫発見 3週間後ついに(動画)

- 話題
目印はハート、連れ去られた子猫発見 3週間後ついに
朝日新聞

三重県鈴鹿市で3月中旬、子猫1匹が、すみ着いている小屋から連れ去られる事件があったそうです。

連れ去られた子猫は、生後6カ月の「はと」。鼻先にハートマークがあることから名付けられました。

容疑者の男は逮捕されましたが、子猫は男の自宅にいなかったそうです。
世話をしていた女性が、わずかな情報を頼りに懸命に探した結果、捜索開始から5日目に「見かけた」という連絡が入り、駆けつけた近くの工場の敷地で無事に見つけました。

「怖い目に遭ったところにはもう置いておけない」と思い、女性の家で他の猫とともに飼うことにしたそうです。(sippo
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

NEW
ゴマフアザラシの赤ちゃん誕生 大分・うみたまご(動画)

- 話題
ゴマフアザラシの赤ちゃん誕生 大分・うみたまご
毎日新聞

大分市の大分マリーンパレス水族館「うみたまご」で、ゴマフアザラシの赤ちゃんが3日に誕生し、6日から一般公開されているそうです。

母親セロリと父親キャベツの間に生まれた雌の赤ちゃん。
健康状態が良好で、スクスク育っているそうです。
同館でゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれたのは初めて。

全身を覆う白い体毛は生後2~4週間ほどで生え換わり、親と同じ見た目になるといいます。うみたまご
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

NEW
静岡)とびっきりの可愛らしさ ライオン双子の赤ちゃん誕生(動画)

- 話題
とびっきりの可愛らしさ ライオン双子の赤ちゃん誕生 富士サファリパーク 毎日新聞

富士サファリパーク(静岡県裾野市)で3月29日にライオンの双子の赤ちゃんが誕生し、今月20日からサファリパーク内ふれあい体験棟で一般公開されるそうです。

2頭は歩き方もまだたどたどしく、飼育員に甘えたり、じゃれ合ったり。とびっきりの可愛さを見せています。

雄と雌の双子。
歯はまだ生えておらず、肉を食べるのは生後2カ月ごろから。
成獣のほえ声より2オクターブは高い音で、ウキャオ、ウキャオと甘え声で鳴いています。

サファリパークのライオンは計約60頭。うち約40頭がサファリゾーンで野生の姿を見せますが、赤ちゃん2頭がサファリゾーンに移るのは3歳くらいからといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

北帰行前に一休み マガン6万羽が集結、北海道・宮島沼(動画)

- 話題
北帰行前に一休み マガン6万羽が集結、北海道・宮島沼
朝日新聞

ラムサール条約に登録されている北海道美唄市の宮島沼に、北帰行を控えたマガンが集まっているそうです。先週末に沼の氷が解けた後、一気に3万羽が飛来。16日夕には6万羽まで増えたといいます。

早朝、ねぐらの沼から飛び立ち、夕方戻るといい、天敵に襲われるリスクを減らすため、一斉に羽ばたく圧巻の光景が見られます。

沼の周辺で餌を食べて栄養を蓄え、4月下旬にかけて極東ロシアへ向かうそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

春へ飛び込む 白山・百四丈滝(動画)

- 話題
春へ飛び込む 白山・百四丈滝
朝日新聞

石川、岐阜県境の白山の中腹にある「百四丈滝(ひゃくよじょうのたき)」で、流れ落ちる水が、氷でできた滝つぼに落ちる雄大な姿を見せているそうです。

滝は、落差約90メートル。
滝つぼは、11月下旬から降り積もった雪と水しぶきが凍って少しずつ成長。直径10メートルほどあり、高さは大きい時には40メートルにもなるといいます。(2018/3/21 朝日)

滝を見るには白山北側のハライ谷登山口から約6時間登らなければならず、例年5月末までは、雪山の装備が必要といいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

福島)ライトアップされた三春滝桜(動画)

- 話題
ライトアップされた三春滝桜
時事通信

日本三大桜の一つ、福島県三春町の「三春滝桜」が見頃を迎え、ライトアップで闇夜に浮かび上がった姿が観光客らを魅了しているそうです。

樹齢1000年を超えるベニシダレザクラの巨木。国の天然記念物。
三春町の滝地区に所在すること、四方に広げた枝から薄紅の花が流れ落ちる滝のように咲き匂うことからこの名があるといいます。(Wikipedia)
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

壮麗にそびえる大天守 熊本城の外観復旧ほぼ終了(動画)

- 話題
壮麗にそびえる大天守 熊本城の外観復旧ほぼ終了
産経ニュース  動画: 共同通信

熊本地震から3年となるのを前に、熊本城の天守閣を小型無人機ドローンを使って撮影した映像です。

高さ約30メートルの大天守(地上6階、地下1階)は、外観の復旧がほぼ終了。陽光に白く反射し輝きを放つ屋根瓦と、重厚感のある壁の木材が美しいコントラストをなし、壮麗な姿を見せています。

隣接する高さ約20メートルの小天守(地上4階、地下1階)は、
4月15日から本格的な復旧工事に着手。
素材を軽量化して耐震性を高め、大天守内部を含め2021年春ごろまでの再建を目指しています。城内全域の復旧は2037年ごろまでかかる見通しといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

オウサマペンギンひな、モフモフ人気 世界初の人工授精(動画)

- 話題
オウサマペンギンひな、モフモフ人気 世界初の人工授精
朝日新聞

千葉県鴨川市の鴨川シーワールドで、人工授精で誕生したオウサマペンギンのひながすくすく育っているそうです。オウサマペンギンの人工授精による産卵、孵化(ふか)は世界初といいます。

米国の研究チームと共同で昨年7月、数羽のメスに人工授精を実施。
うち1羽が産卵し、9月にオスが孵化。

親鳥とほぼ同じ大きさに成長し、ひな特有の褐色の羽毛が「モフモフでかわいい」と来園者の人気を集めているそうです。羽が生え替わる夏ごろには水に入れるようになるといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2

奈良・吉野山のサクラが見頃 3万本の淡いピンク(動画)

- 話題
奈良・吉野山のサクラが見頃 3万本の淡いピンク
朝日新聞

奈良県吉野町の吉野山で、見渡す限りに桜が咲き誇り「一目千本」と言われる桜が見頃を迎えているそうです。

シロヤマザクラを中心に約200種類、約3万本が植えられており、淡いピンク色に染まった山肌を見ながら、大勢の観光客が散策を楽しんでいるそうです。

9日の時点で低い場所にある「下千本」が満開で、標高が高くなる「中千本」が七分咲き、「上千本」は五分咲きになっているといいます。
山頂付近の「奥千本」の満開は18日ごろで、来週いっぱいは楽しめそうだといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2