時事

NEW
北海道)青い池 冬だけの神秘 美瑛 他

- 時事
● 世界中の海底地図作成へ 津波予測や資源開発などに活用
 - 朝日新聞
 日本財団は20日、国際機関と連携し、世界中の海底地形図を2030年までに完成させると発表した。
 高い精度の地形図は海洋全体の15%にとどまっている。

● 平昌の日本勢、きょうだい多数 カーリングもスケートも
 - 朝日新聞
 今大会の日本勢にはそろって出場する兄弟、姉妹が多い。

● カップ麺にも「カット野菜」 栄養カバー、無駄なく人気
 - 朝日新聞
 野菜炒め、カレー、焼き肉、沖縄の郷土料理チャンプルー……。料理別に必要な野菜をパックした「カット野菜」が人気だ。使い切りのため無駄がなく、野菜を切る手間もかからない。

北海道)青い池 冬だけの神秘 美瑛
 - 北海道新聞
 大雪山系十勝岳の麓にある観光名所「青い池」で行われている冬限定のライトアップの人気が年々高まっているそうです。
 結氷した湖面から木々が突きだし、幹の周りに丸く積もった雪とともに自然の造形美をつくり出しています。それが青と白の光に照らされて、幻想的な光景が浮かび上がっています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
夜行性のエゾモモンガ 昼間に飛行する珍しい映像 他

- 時事
● 地球から61億キロ、天体の撮影成功
 - 読売新聞
 米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機ニューホライズンズが昨年12月に撮影した、「カイパーベルト」と呼ばれる場所の天体二つの画像を公開した。史上最も遠い宇宙空間での撮影になるという。

● ルンバとワイパーで「カーリング」 ついやってしまう、それは人の定めか、それとも業か - The Huffington Post
 平昌オリンピックのカーリングに触発されて、お茶の間でも「カーリングごっこ」にいそしむ人たちが急増しているそうです。

● 「ざんねんないきもの事典」、異例のミリオンセラーへ
 - 朝日新聞
 動物のユーモラスな一面をイラストとともに紹介した児童書「ざんねんないきもの事典」が20日の重版で発行部数が100万部を突破することが分かった。口コミで支持を広げ、児童書では異例のミリオンセラーとなる。

● 夜行性のエゾモモンガ 昼間に飛行する珍しい映像(動画)
 - ANNnews
 北海道・札幌市近郊で撮影された、夜行性のエゾモモンガが、昼間に飛行する珍しい映像です。風を読んで、せーので体を大きく広げて空を滑空しています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
北海道)タンチョウ、国後島と道東往来 発信器で確認 他

- 時事
「スペースワールド」跡地には「イオン」 2021年、新施設開業へ
 - 産経ニュース
 昨年末に閉園した北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地活用について、イオンモールが事業者として正式に決まり、早ければ2021年に新施設を開業するそうです。

● 「岐阜市鷺山1769の2」に250世帯 独自の住所も
 - 朝日新聞
「岐阜市鷺山1769の2」。一見普通の住所だが、岐阜市にはこの住所で約250世帯が暮らす。表札や郵便受けに住所を書いていない家が目立つ。住所が同じため、書いても意味がないのだという。

● 「妖怪」と座れるベンチ 不気味にインスタ映え 兵庫
 - 朝日新聞
 民俗学者・柳田国男の出身地で、「妖怪」を活用した町おこしで知られる兵庫県福崎町で、妖怪の像と一緒に座れるベンチが3月下旬に新たに7基お目見えするそうです。

● 北海道)タンチョウ、国後島と道東往来 発信器で確認
 - 朝日新聞
 北方領土の国後島で発信器をつけたタンチョウが、釧路・根室地域に飛来して越冬していることがわかったそうです。
 これまで北方領土との往来が目視で確認されたことはありましたが、発信器による位置情報で把握できたのは初めて。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

クロヅル:32年ぶり珍客 タンチョウの中に1羽 鶴居村 他

- 時事
● クロヅル:32年ぶり珍客 タンチョウの中に1羽 鶴居村
 - 毎日新聞
 北海道鶴居村で、国の特別天然記念物タンチョウに交じり、クロヅル1羽が姿を見せているそうです。同村で見られるのは32年ぶり。タンチョウよりひと回り小さく、一緒に羽を休めたりエサをついばんだりしているといいます。

● 子どもの頃、ノートに「23歳で五輪を2連覇」
 - 読売新聞
 幼い頃から、人生設計を描くのが好きだった。「19歳で五輪に出て金メダルを取る」「23歳で五輪を2連覇する」。すべて、子どもの頃、ノートに記した設計図だ。

● 忍者の謎、解き明かしたい…国際学会設立
 - 読売新聞
 国内外の研究者らが「国際忍者学会」を設立した17日、総会と記念大会が三重県伊賀市で開かれたそうです。

● 栃木)華厳の滝 氷の風景(動画)
 - SankeiNews
 栃木県日光市の名瀑「華厳の滝」が氷の風景につつまれているそうです。水量も多く氷結はしていないものの、滝つぼなどが凍りつき、この季節ならではの氷の風景を見せています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

食べ物に興味シャンシャン ママのまね、でもかむだけ 他

- 時事
● 和歌山)春近し 早咲きサクラ 小鳥飛び交う
 - 朝日新聞
 和歌山市中之島の国道24号沿いの地蔵の辻交差点付近で早咲きのサクラが咲き始めた。蜜の香りに誘われたメジロが愛らしい姿をのぞかせている。

● 世界らん展、日本大賞に医師の作品…4度目
 - 読売新聞
 17日から一般公開される「世界らん展日本大賞2018」の作品審査が16日、東京ドームで行われ、国内外のラン愛好家などから計1253点の応募があり、茨城県つくば市の医師斉藤正博さん(60)の作品が最高賞の日本大賞に輝いたそうです。

● 絵のない「えほん」子どもに人気 はじける擬音語
 - 毎日新聞
 「えがないえほん」(早川書房、B・J・ノヴァク作)が売れている。タイトルの通り挿絵は一切なし。ストーリーも存在しない。

● 食べ物に興味シャンシャン ママのまね、でもかむだけ(動画)
 - 共同通信
 東京・上野動物園は、生後8カ月を過ぎたジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香・雌)の最新の映像を公開しました。
 母親のシンシンが食べているタケやリンゴ、ニンジンに強い興味を示すようになり、奪い取って口にくわえたりかんだりとまねるような様子も見られるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

長崎湾を飛び跳ねるイルカの群れ 他

- 時事
● 21日から新しい入国シール 富士山と桜、法務省
 - 産経ニュース
 外国人の入国審査時にパスポートに貼る新しい上陸許可証印のシールの使用を、21日から全ての出入国港で始めるそうです。
 現在のキリの絵から、富士山と桜のデザインに変わります。

● 生まれたてのシャンシャン、ぬいぐるみに 大人気の理由
 - 朝日新聞
 上野動物園のパンダの赤ちゃん「シャンシャン」のぬいぐるみ。
 生まれて間もないころの姿を再現し、昨年12月の公開に合わせて2種類を発売したところ、早々に売り切れ、大ヒットとなったそうです。重さと色を再現したことが、人気の理由といいます。

1日1食に徹し飲み物は水のみ 平野歩夢の研ぎ澄まされた禁欲的生活 - livedoor news(産経
 15歳で出たソチ五輪で、日本人最年少の銀メダルを獲得。そこからの4年間、銀を超える輝きだけを求めてきた。
 求道者の一念は私生活まで変えた。1日1食に徹し、飲み物は水だけ。着地の衝撃に耐えるため、時間さえあれば腹筋を鍛えた。

● 長崎湾を飛び跳ねるイルカの群れ(動画)
 - ANNnews
 長崎湾で14日正午ごろ、30頭ほどのイルカの群れが現れたそうです。海面を元気に飛び跳ねるイルカの姿を捉えた映像です。
 イルカたちは数分置きに海面で飛び跳ねては潜り、水しぶきを上げていたそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

大分)別府湾で鯨を目撃 他

- 時事
● 清水寺で秘仏一般公開 3月に、222年ぶり
 - 産経ニュース
 京都市東山区の清水寺は14日、塔頭の「慈心院」の本堂で3月、普段は非公開の秘仏「大随求菩薩坐像」を222年ぶりに一般公開すると発表した。

● 生活感あふれているのに、なぜかオシャレ。団地柄のスカートが大反響 - The Huffington Post
 団地マニアの大山顕さんが撮影した団地の写真データを元に、大山さんの妻が制作したロングスカートが、反響を呼んでいるそうです。生活感を滲ませた無数の窓が、スカートの柄になっています。

● 大分)別府湾で鯨を目撃(動画)
 - 時事通信
 14日午前、大分県大分市豊海の北方沖約800メートルの海上で、鯨と思われる海洋生物が目撃されたそうです。撮影した大分海上保安部によると、午前10時45分ごろから約20分間、潜水と浮上を繰り返した後、見えなくなったといいます。
 同市の水族館うみたまごの職員によると、個体はザトウクジラとみられ、2~4月は豊後水道で目撃が増えるといいます。(毎日
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

日本海側で大雪 強い冬型続く 他

- 時事
● さっぽろ雪まつり終了、雪像解体始まる(動画)
 - 朝日新聞
 冬の札幌名物「第69回さっぽろ雪まつり」が12日閉幕し、13日から雪像の解体作業が始まった。解体作業は見学ツアーも組まれるほどの人気。大勢の見物客らが見入った。
 人気ゲーム「ファイナルファンタジー」の大雪像もショベルカー2台であっというまに崩された。(朝日

● 「世界一黒い物質」でできたパビリオン、冬季五輪に登場
 - CNN.co.jp
 冬季オリンピックが開かれている韓国の平昌で、「世界一黒い物質」と呼ばれるベンタブラック派生素材を塗装に使った建物「ヒュンダイ・パビリオン」が披露されたそうです。あまりに黒すぎて、人の目では見分けることができないといいます。

● 日本海側で大雪 強い冬型続く
 - 産経新聞  動画: 共同通信
 上空の強い寒気の影響で、北日本から西日本では13日、日本海側を中心に大雪となった。  動画では、福井県福井市の様子を伝えています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

神奈川)横須賀市の商店街「スカジャン発祥の地宣言」 他

- 時事
● 福岡雪化粧、高速道通行止め…九州で雪続く恐れ
 - 読売新聞
 九州北部では11日夜から各地で雪が降り、福岡市中央区では市街地が雪化粧しました。

開花:蜜求め河津桜に逆さメジロ 神奈川・逗子
 - 毎日新聞
 神奈川県逗子市の披露山公園で、駐車場脇の河津桜が開花し、訪れた人たちを楽しませているそうです。2分咲きの河津桜にはメジロも飛来し、枝から枝へと飛び回る姿が見られるそうです。

● 実際に締まる「ネジチョコ」、注文殺到 米国でも販売へ
 - 朝日新聞
 国内外で人気を集める「ネジチョコ」の販売元では、商品作りに追われているそうです。
 北九州市の菓子店「グランダジュール」が、官営八幡製鉄所の関連施設が世界文化遺産に登録されたのを機に開発したといいます。

神奈川)横須賀市の商店街「スカジャン発祥の地宣言」
 - ANNnews
 鮮やかな色と龍や虎の刺繍(ししゅう)が特徴的なスカジャン。
 その大半を制作販売する横須賀市のドブ板通り商店街が12日、
“スカジャン発祥の地”を宣言しました。
 商店街では、3月末までにスカジャン姿で訪れる観光客に「スカジャン割」を行っているそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3