時事

1

NEW
2017年8月20日

- 時事
● 移住希望、相談件数が1・5倍…全国1位は長野
 - 読売新聞
 移住を希望する人が、就業や生活の支援など、自治体に寄せた相談件数が、2015年度の調査開始から2年連続で、長野県が全国で最も多かったことがわかったそうです。
 2016年順位 ①長野県、②新潟県、③北海道、④富山県、⑤石川県


● お中元「解体セール」、大阪の百貨店で人気
 - 朝日新聞
 販売時期が終わった中元用の箱詰めギフトをばらして売る百貨店の「解体セール」が、大阪の百貨店で人気だそうです。
 毎年多くの客が詰めかける人気の催しで、中元と歳暮の年2回の解体セールは定番になりつつあるといいます。


● ひんやり“青のトンネル” 神戸市立森林植物園 (動画)
 - 産経ニュース
 神戸市立森林植物園にある「青葉トンネル」が、涼しげな光でライトアップされ、クールスポットとして人気を集めているそうです。
 トンネル内は、外気に比べ3度ほど低く、青や緑のLEDライトにより視覚的にも涼しげな雰囲気を醸し出しています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
2

NEW
2017年8月19日

- 時事
「暮らしやすさ」1位は佐賀市 野村総研100都市比較
 - 朝日新聞
 野村総合研究所が国内100都市を対象に実施した「成長可能性都市ランキング」で、「都市の暮らしやすさ」1位に佐賀市が選ばれた。
生活コストの安さや地域の共助意識が根付いていることが評価された。
①佐賀市、②奈良市、③富山市、④群馬県前橋市、⑤福岡市、⑥愛媛県松山市、⑦鹿児島市、⑧青森県弘前市、⑨三重県伊勢市、⑩長野県松本市 (NRI P.39: 10位まで記載があります)


● 「ニュートンのリンゴ」植樹後11年で初果実
 - 読売新聞
 北九州市の北九州工業高等専門学校の敷地に植えられている「ニュートンのリンゴの木」が2006年の植樹以来、初めて実をつけたそうです。
 この木は、英国の物理学者アイザック・ニュートンが、リンゴの実が落ちるのを見て万有引力の法則を発見したという逸話に登場する木から接ぎ木で増やされたうちの1本といいます。


● 「みちびき3号」打ち上げ成功 GPSや通信など活用(動画)
 - ANNnews
 日本版GPSを構築する測位衛星「みちびき」3号機を載せたH2Aロケット35号機が19日午後2時29分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。
 3号機は約28分後に分離、予定の軌道に投入され、打ち上げは成功したそうです。(読売新聞
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
3

NEW
2017年8月18日

- 時事
● 気分次第で水遊び「流しカワウソ」が人気…千葉
 - 読売新聞
 千葉県の市川市動植物園で、水が流れる半円のパイプの中で、カワウソが涼しそうに遊んでいる姿が見られるそうです。
 勢いよく滑る姿も見られ、「流しカワウソ」と人気を集めているそうです。
 ただ、水遊びはカワウソの「気分次第」とのこと。


● ほかの猫のおしっこ、臭いかいだら立ち去る 行動を解明
 - 朝日新聞
 猫の尿の成分を塗っておくと、ほかの猫たちが糞(ふん)や尿を残さないことを岩手大学の宮崎雅雄准教授ら日米の研究チームが見つけた。
犬のように自分の尿をかぶせず、猫はその場を離れる傾向があった。


● メダル記念の自販機設置 五輪選手強化で郵便局に(動画)
 - 共同通信社
 日本オリンピック委員会は、リオデジャネイロ五輪のメダリストの出身地や練習拠点の郵便局に、金、銀、銅の色を配した「メダリストメモリアル機」を設置すると発表。
 飲料1本当たり5~10円が寄付金となり、選手強化費などにあてられます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
4

2017年8月17日

- 時事
● 国内にカワウソ、38年ぶり 対馬で撮影、琉球大発表(動画)
 - 共同通信
 長崎県・対馬でカワウソ1匹の映像を撮影したと、琉球大のチームが発表。国内で生きた野生のカワウソの確実な目撃は38年ぶりとなるそうです。
 絶滅したニホンカワウソの生き残りであることも否定できませんが、ユーラシアカワウソが朝鮮半島から海を渡ってきた可能性も高いといいます。(毎日新聞


● 「大文字」送り火LEDに 山梨、安全考慮し切り替え
 - 産経ニュース
 山梨県笛吹市の送り盆の行事「甲斐いちのみや大文字焼き」で16日、火の代わりに「大」の形に並べた発光ダイオード(LED)が点灯された。
 火をともす足場が風雨で滑りやすく、安全性を考慮して今年から切り替えた。


● 頭上のあかり、ゆらめく 熊本・山鹿で「千人灯籠踊り」(動画)
 - 朝日新聞
 熊本県山鹿市の夏祭り、山鹿灯籠まつりの呼び物「千人灯籠踊り」が16日夜にあり、その様子を紹介しています。
 和紙でできた金灯籠を頭にのせ、浴衣姿の女性約1千人がやぐらを幾重にも取り巻き、調べに合わせて踊っています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

4
5

2017年8月16日

- 時事
● 小惑星、10月に地球とニアミス…衝突恐れなし
 - 読売新聞
 10~30メートルの大きさの小惑星が10月12日、地球から約4万3500キロ・メートルの距離まで接近するそうです。
 多くの人工衛星が地球を周回している高度(約3万6000キロ)より
数千キロだけ高いところを通る見通し。
 地球に衝突する恐れはないといいます。


● 82年前の甲子園、色鮮やかによみがえる 絵はがき発見
 - 朝日新聞
 今夏で99回目を迎えた全国高校野球選手権大会。
 82年前の第21回大会の時に発行された絵はがきが、奈良県五條市内で保管されていたそうです。1935(昭和10)年発行の絵はがき。
 満員の観衆でにぎわう甲子園球場が描かれています。


東大寺「万灯供養会」(動画)
 - SankeiNews
 東大寺(奈良市)の大仏殿で15日夜、お盆の法要「万灯供養会」が行われた。
 大仏殿正面の観相窓も開けられ、大仏さまの顔が浮かび上がった。
 2500基の灯籠に灯がつき幻想的な雰囲気に包まれた。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
6

2017年8月15日

- 時事
山口)金魚ねぶたにどよめき 柳井で金魚ちょうちん祭り (動画) - 朝日新聞
 山口県柳井市の夏の風物詩「金魚ちょうちん祭り」が13日、開かれ、呼び物の「金魚ねぶた」に盛り上がりました。
 目抜き通りでかけ声とともに回転する、金魚ねぶたの「爆走」が披露され、沿道をわかせたそうです。


● 福島)飯舘生まれの救助犬じゃがいも 村のPR大使に
 - 朝日新聞
 飯舘村で生まれ、11度目の挑戦で災害救助犬に認定されたオスの雑種犬「じゃがいも」が14日、飯舘村のPR大使に任命された。
 失敗してもへこたれない――。そんな姿で村民を勇気づけてきた「じゃがいも」が、今度は復興に邁進(まいしん)する村の姿を伝えていく。


● 北海道下川町 白いヒグマ発見される (動画)
 - SankeiNews
 北海道下川町で「白いヒグマ」が目撃されたそうです。
 突然変異で色素が欠乏した『アルビノ』の個体とみられています。
 写真: 北海道新聞
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
7

あくびにハイハイ 上野のパンダの赤ちゃん、さらにかわいく 生後2カ月に (動画)

- 時事
あくびにハイハイ 上野のパンダの赤ちゃん、さらにかわいく 生後2カ月に  朝日新聞

上野動物園で、生後2か月となったジャイアントパンダの赤ちゃんの映像が公開されています。

あくびやハイハイする様子などが映っています。

1日2~3回の授乳以外は寝て過ごしているそうです。(朝日
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
8

2017年8月14日

- 時事
お盆の夜を踊り明かす…「郡上おどり」開幕
 - 読売新聞
 岐阜県郡上市(ぐじょうし)の夏を彩る「郡上おどり」は13日夜、「徹夜おどり」が始まり、約6万8000人がお盆の一夜を踊り明かしたそうです。
 徹夜おどりは16日まで4夜連続で行われるとのことです。


● のどかな駅舎の〝猫駅員〟 山口・特牛駅
 - 産経ニュース
 JR西日本山陰本線、山口県の特牛駅(こっといえき)にいる猫を紹介しています。
 無人駅の駅舎内やホームを自由気ままに歩き回っている様子です。


● 大阪から見た「ペルセウス座流星群」(動画)
 - SankeiNews
 8月12日から13日にかけて、大阪から見えた「ペルセウス座流星群」を紹介しています。3つほどの流星が流れていく様子を高感度カメラで撮影しています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
9

2017年8月13日

- 時事
● 世界一狭い海峡、船で体感 香川・小豆島
 - 産経ニュース
 「世界一狭い海峡」としてギネス世界記録に認定された香川県・小豆島の「土淵海峡」を行き来する観光船が、「狭さを体感できる」と人気を集めているそうです。最も狭いところは幅9.93m。
 ギネスブック掲載から20年を記念し、7月22日から1日1~4便で運航を始めたそうです。今月27日まで。


秀岳館、トートバッグが流行中 発信源はチームの…
 - 朝日新聞
 夏の甲子園で、秀岳館(熊本)の選手たちが着替えや野球用具を入れて持ち運ぶのに使っているのがトートバッグ。鍛治舎監督(66)が使っているのを見て、選手たちも使うようになったそうです。


● 浅草夏の夜まつり 隅田川とうろう流し(動画)
 - SankeiNews
 東京・台東区の吾妻橋親水テラスで12日、隅田川とうろう流しが行われました。
 とうろう流しは、旧くは明暦の大火、関東大震災や東京大空襲などの際に、火に追われ飛び込んで命を落とすなどした隅田川で亡くなった多くの人たちの霊を慰めようと始まったといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3