時事

NEW
奈良)シャクナゲ艶やかに 開花は例年より1週間早い 他

- 時事
● 「第2の地球」探査へ…NASA新衛星打ち上げ
 - 読売新聞
 米航空宇宙局(NASA)は18日、太陽系の外にある恒星を回る惑星「系外惑星」を探す人工衛星「TESS(テス)」を、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。

鹿児島)「世界一髪の長い10代」 155.5センチ、ギネス認定
 - 南日本新聞
 鹿児島県出水市の川原華唯都(けいと)さん(18)が、「世界一髪の長い10代」としてギネスブックに認定されたそうです。

奈良)シャクナゲ艶やかに 開花は例年より1週間早い(動画)
 - ANNnews
 奈良県十津川村の21世紀の森・紀伊半島森林植物公園で、園内に植えられている120種類・約1万本がシャクナゲが、新緑を背景に赤や白、ピンクなどの花々を咲かせているそうです。
 見ごろは4月下旬~5月中旬とのことです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
即位礼の舞台「高御座」修復へ 京都御所で報道公開 他

- 時事
● はやぶさ2、今年6月にも小惑星到着 1年半かけ探査
 - 朝日新聞
 2014年末に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が、今年6月にも小惑星「リュウグウ」に到着する。はやぶさ2は、リュウグウに約1年半滞在し、採取した表土の試料などを持ち帰る。

● 荒川さんが世界殿堂入り フィギュア、日本人3人目
 - 産経ニュース
 フィギュアスケートで2006年トリノ冬季五輪女子金メダリスト、荒川静香さんの世界殿堂入りが17日、発表された。
 日本人では、伊藤みどりさん、佐藤信夫氏に続き3人目。

● 即位礼の舞台「高御座」修復へ 京都御所で報道公開
 - 産経ニュース
 来年10月22日に皇居・宮殿で行われる即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」で皇太子さまが即位を宣言される舞台となる「高御座(たかみくら)」が17日、京都御所で報道陣に公開されました。
 新皇后となる皇太子妃雅子さまが立たれる「御帳台(みちょうだい)」とともに、今夏にも皇居内に移送され、修復作業が行われる予定です。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
熊本地震からの復旧が進むアーチ型水路橋「通潤橋」 他

- 時事
大阪)万博記念公園でチューリップが見ごろ(動画)
 - SankeiNews
 大阪府吹田市の万博記念公園・自然文化園で、チューリップが見ごろを迎えているそうです。今月下旬まで楽しめるといいます。

岐阜)赤ちゃんグマわんぱく盛り 6頭甘えて「クフクフ」
 - 毎日新聞
 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根の「奥飛騨クマ牧場」で、ツキノワグマの赤ちゃん6頭が、21日から一般公開されるそうです。

子どもを讃岐うどんのプロに…「英才教育キット」開発
 - 朝日新聞
 香川県三豊市の地域商社・瀬戸内うどんカンパニーが、小麦粉とだしから本格的な讃岐うどんが作れる「さぬきうどん英才教育キット」を開発した。

● 熊本地震からの復旧が進むアーチ型水路橋「通潤橋」(動画)
 - 朝日新聞
 熊本地震で被災した日本最大級の石づくりのアーチ型水路橋「通潤橋」(熊本県山都町)の復旧工事が進んでいるそうです。年内に完了する予定といいます。橋は1854年建設。国の重要文化財。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

東京)根津神社ででツツジが見頃に 他

- 時事
● 抜け道の歩道に三脚、通学時間帯に小型オービス
 - 読売新聞
 神奈川県警相模原南署は13日、相模原市立新磯小学校の児童が登下校で利用する市道で、持ち運びが可能な小型の速度違反自動監視装置(オービス)を使って速度違反の取り締まりを行った。

● 土管に足跡、絶滅したカワウソか…住民ら調査隊
 - 読売新聞
 栃木県那須町の沼野井地区内の余笹川周辺で、カワウソに似た動物の目撃情報が相次いでいる。絶滅したとされる「ニホンカワウソ」の可能性もあるとして、地元住民らが「カワウソ調査隊」を結成し、14日から捜索を開始した。

● 根津神社ででツツジが見頃に(動画)
 - SankeiNews
 東京都文京区の根津神社境内にある「つつじ苑」で、約3千株のツツジが見頃を迎えているそうです。
 赤や白、ピンク色のツツジ約100種が咲き、訪れた多くの人でにぎわっています。20日頃まで楽しめるといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

移動図書館、震災機に再評価の動きも 他

- 時事
● 予約少ない航空便、運休可…客へ7日前まで連絡
 - 読売新聞
 国土交通省は予約客が少なく採算のとれない国内航空便を条件付きで運休する「経済減便」を制度化した。

廃止された駅の改修が完了、健さんの「駅」復元
 - 読売新聞
 2016年12月に一部廃止されたJR留萌線の旧増毛駅舎(北海道増毛町)の改修工事が終わり、22日から、観光拠点として再出発する。高倉健さん主演の映画「駅 STATION」(1981年)の舞台にもなった駅舎は当時の状態に復元されている。

● 「日本三奇」の一つ、謎の巨石…生石神社が人気
 - 読売新聞
 兵庫県高砂市阿弥陀町の生石神社がパワースポットとして人気を集めている。7世紀以前の建造とされ、多くの謎に包まれた石造物として「日本三奇」の一つに数えられている。

● 移動図書館、震災機に再評価の動きも
 - 朝日新聞
 本を積んだ車で地域をめぐる移動図書館。戦後の復興期には地域の隅々に文化を届ける役割を担ったといいますが、最近では、本をきっかけに人や地域をつなぐ機能に注目が集まるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

修復作業進む熊本城=地震から2年 他

- 時事
● 春日の至宝すべて見せます 奈良博で特別展、14日から(動画)
 - 共同通信
 奈良国立博物館で、春日大社(奈良市)の創建1250年を記念する特別展「国宝 春日大社のすべて」が14日から始まったそうです。

● 人口増え続ける東京、高齢化も 研究者「手遅れになる」
 - 朝日新聞
 総務省は13日、昨年10月1日現在の人口推計を発表した。
 65歳以上の高齢者は56万1千人増の3515万2千人となり、総人口に占める割合は過去最高の27・7%だった。都道府県別では東京への一極集中に歯止めがかかっていない。

● 駅ビル、5分の4が空きスペース…格安賃貸へ
 - 読売新聞
 愛知県岡崎市の表玄関・名古屋鉄道東岡崎駅にある商業施設「岡ビル百貨店」が、空いたスペースを格安のテナント料で個人事業者らに貸すことにし、新規出店を今月から募っている。

● 修復作業進む熊本城=地震から2年、ドローンで撮影(動画)
 - 時事通信
 熊本地震の前震発生から14日で2年。復興のシンボルとして急ピッチで修復作業が進む熊本城を、ドローンで撮影した映像を紹介しています。大天守の屋根には約7200枚の瓦としゃちほこが新調されたそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

広島)桜満開「花のまわりみち」 造幣局広島支局 他

- 時事
さらに40m大きかった…国内最大の大山古墳
 - 読売新聞
 国内最大の古墳、大山古墳(大阪府堺市)の墳丘の全長が、従来考えられていた486mより約40m大きいとわかったそうです。

● 正社員の待遇下げ、格差是正 日本郵政が異例の手当廃止
 - 朝日新聞
 日本郵政グループが、正社員のうち約5千人の住居手当を今年10月に廃止することがわかった。正社員の待遇を下げて格差の是正を図るのは異例だ。

A330の貨物室が「寝室」に、専用モジュール開発へ
 - CNN.co.jp
 欧州の航空大手エアバスは、A330型機の貨物室部分を「寝室」として利用できるようになる専用モジュールを開発するそうです。

● 広島)桜満開「花のまわりみち」 造幣局広島支局
 - 朝日新聞
 造幣局広島支局(広島市佐伯区)の春の風物詩、「花のまわりみち」が13日に始まったそうです。19日まで。
 12日には、市内の高齢者施設の約660人を招待。お年寄りらは、花に顔を近づけるなどして満喫していたそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

山奥の「流氷」が人気 新潟・魚沼のダムで「雪流れ」 他

- 時事
● 初の超高層ビル50周年 霞が関でライトアップ(動画)
 - 共同通信
 三井不動産は11日、日本初の超高層ビルとして知られる東京都千代田区の霞が関ビルディングが12日に完成50周年を迎えるのを記念し、ビルをライトアップするイベントの点灯式を開いた。

● 静岡:富士山麓、いちめんの菜の花
 - 毎日新聞
 富士山麓の白糸自然公園(静岡県富士宮市)で、菜の花が見ごろを迎え、雪化粧の富士山と色鮮やかな黄色いじゅうたんの共演が目を引いている。

● 山奥の「流氷」が人気 新潟・魚沼のダムで「雪流れ」
 - 朝日新聞
 新潟県魚沼市大白川の破間(あぶるま)川ダムで見られる「山奥の流氷」が人気を集めているそうです。
 「雪流れ」という現象で、ダム湖に雪解け水が流れ込んで水位が上昇し、湖面を覆っていた雪が割れて流氷のように漂い出すといい、例年4月に見頃を迎えるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

北海道)一足先に春咲いた 「春の花展」に20種、ハンカチノキも 他

- 時事
丘一面に空色じゅうたん 茨城、ネモフィラ見頃
 - 産経ニュース
 茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」で、淡いブルーの花が愛らしいネモフィラ約450万本が見頃を迎えているそうです。4月下旬ごろまで楽しめるといいます。

橋桁が橋脚から外れる構造導入…新阿蘇大橋
 - 読売新聞
 熊本地震で崩落した阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)の代わりに架ける新しい橋について、国土交通省九州地方整備局は大きな地震の際、橋脚と橋桁のつなぎ目を損傷させ、橋全体へのダメージを抑える構造にすることにした。

一足先に春咲いた 「春の花展」に20種、ハンカチノキも 札幌・百合が原公園 - 北海道新聞
 札幌市北区の百合が原公園にある緑のセンター大温室で、「春の花展」が開かれ、ハンカチノキなど20種類の植物が、かれんな花を咲かせ、来園者は春の訪れを楽しんでいるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3