時事

NEW
新型新幹線、東京駅に登場 JR東海のN700S 他

- 時事
沖縄が梅雨明け、平年と同じで昨年より1日遅く
 - 読売新聞
 気象庁は23日、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。

● サザン40周年祝い人文字 桑田さん母校の小学校で(動画)
 - 共同通信
 人気バンド「サザンオールスターズ」のデビュー40周年を祝い、桑田佳祐さんの母校の神奈川県茅ケ崎市立茅ケ崎小で23日、市民ら約千人が「サザン40おめでとう」との人文字を作ったそうです。

● 新型新幹線、東京駅に登場 JR東海のN700S(動画)
 - 共同通信
 JR東海は23日、2020年度からの営業運転を予定している東海道新幹線の新型車両「N700S」を東京駅で報道陣に公開。東京と新大阪を結ぶ区間での試験走行も初めて実施したそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
ミッキー、日航機で大空へ 東京ディズニー35周年記念 他

- 時事
● タワーもブリッジもシルエットに…夏至で消灯
 - 読売新聞
 1年で最も日照時間が長い夏至にあわせて照明を落とし、地球温暖化防止への協力を呼びかける「夏至ライトダウン」が21日夜、全国各地で一斉に行われた。

● 麻央さん死去から1年 市川海老蔵“妻の願い”24日、植樹の輪広げる - 毎日新聞
 22日に妻の小林麻央さん(享年34)を亡くして1年となる歌舞伎俳優の市川海老蔵が、24日に長野・志賀高原で毎年恒例の植樹イベント「ABMORI(エビモリ)」を行う。

● 71歳のウルグアイ監督、愛称「マエストロ」 右手に杖
 - 朝日新聞
 16強入りを決めたウルグアイのタバレス監督は、今大会最年長となる71歳だ。学校で教師をしていた経歴から「マエストロ(先生)」の愛称を持つ。

● ミッキー、日航機で大空へ 東京ディズニー35周年記念(動画)
 - 共同通信
 日航は22日、東京ディズニーリゾート開園35周年を記念して、ディズニーのキャラクターが描かれた特別塗装機を公開しました。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

4

NEW
初夏を彩るアジサイが見ごろ 神奈川・鎌倉市 他

- 時事
● 小惑星リュウグウは金平糖の形 表面に岩の塊?多数
 - 朝日新聞
 JAXAは21日、探査機「はやぶさ2」が20日に撮影した小惑星「リュウグウ」の画像を公開した。表面にはクレーターや小さな岩の塊のようなものが多数ある。

● 野球漫画「ドカベン」シリーズ完結へ 46年の歴史に幕
 - 朝日新聞
 1972年から週刊少年チャンピオンで連載している野球漫画「ドカベン」シリーズが28日発売号で完結する。

● キース・ヘリングの壁画撤去 ワタリウム美術館近く
 - 朝日新聞
 東京・神宮前で親しまれていた米国の現代芸術家キース・ヘリング制作の壁画が今月、惜しまれつつ姿を消した。壁画を描いたビルが老朽化で取り壊されたためで、壁画は今後、修復保存される。

● 初夏を彩るアジサイが見ごろ 神奈川・鎌倉市(動画)
 - ANNnews
 神奈川県鎌倉市の長谷寺では、初夏を彩るアジサイが見頃を迎えているそうです。例年より10日ほど早く咲き始め、ちょうど今見頃を迎えているといい、今月いっぱい楽しめるそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

大阪の被災地は激しい雨も 土砂災害の危険性高まる 他

- 時事
赤道付近角張り、クレーターも…リュウグウ画像
 - 読売新聞
 JAXAは19日、探査機「はやぶさ2」が目指す小惑星リュウグウの最新画像を公開した。赤道付近が角張ってコマのように膨らんでおり、200メートルを超える大きなクレーター状のくぼみも確認されたという。

北海道利尻島でヒグマ撮影 無人カメラに林道歩く姿
 - 産経ニュース
 106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で、無人のカメラが林道を歩くヒグマ1頭を撮影していたそうです。

● 美容師らが被災者に無料シャンプー「気持ち楽になった」
 - 朝日新聞
 大阪北部地震の影響でガスの供給が止まっている被災地で、美容師たちが無料の「シャンプーサービス」を始めた。

● 大阪の被災地は激しい雨も 土砂災害の危険性高まる(動画)
 - ANNnews
 震度6弱の地震で大きな被害が出た大阪の被災地では20日朝から断続的に激しい雨が降り、土砂災害などの危険性が高まっている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

大阪北部地震で1700人避難 屋根にはブルーシート 他

- 時事
和歌山)和歌山城動物園で人気 白いクジャクの白夜くん
 - 朝日新聞
 和歌山城内の和歌山公園動物園で、真っ白なインドクジャクが来園者の間で人気になっているそうです。突然変異で希少といいます。

● アイスランド、初戦の視聴率99% アルゼンチンに善戦
 - 朝日新聞
 アイスランドサッカー協会は18日、ワールドカップロシア大会1次リーグD組で優勝候補のアルゼンチンと1―1で引き分けた試合の視聴率が99・6%だったと公式ツイッターで明らかにした。

● 大阪北部地震で1700人避難 屋根にはブルーシート(動画)
 - 共同通信
 大阪府北部で起きた震度6弱の地震から一夜明けた19日午前7時半時点で、府内で約1700人が避難した。
 人が居住する住宅の一部損壊は334棟に上った。高槻市では被災した建物の屋根にはブルーシートがかけられている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

今年も回る朝倉三連水車 九州豪雨被災の田を支え 他

- 時事
● 千利休が建てた国宝の茶室、壁に亀裂 京都でも被害
 - 朝日新聞
 大阪府北部を震源とする地震で、京都府大山崎町の寺院「妙喜庵」では、国宝の茶室「待庵」の壁の一部に亀裂が入った。千利休が建てた現存する唯一の茶室とされる。 →写真: 京都新聞

大分)ぬいぐるみレベルのふわふわ ライオンの赤ちゃん公開中(動画) - 朝日新聞
 大分県宇佐市安心院町の九州自然動物公園アフリカンサファリで、4月27日に生まれた三つ子のライオンの赤ちゃんを特別公開しているそうです。

今年も回る朝倉三連水車 九州豪雨被災の田を支え(動画)
 - 共同通信
 昨年7月の九州北部の豪雨で大きな被害が出た福岡県朝倉市にある国指定史跡「三連水車」が17日、稲作の季節を迎えて回り始めたそうです。日本最古の実働水車として知られ、夏から秋にかけての風物詩になっているといいます。
 昨年の豪雨の影響により一時動かなくなりましたが、水車自体に目立った損傷はなく、今年も回り出しました。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

6月中は楽しめそう 富士山のふもとでキカラシ満開 他

- 時事
● 雲海、阿蘇の町包む 2年ぶりにぎわい戻る
 - 産経ニュース
 熊本県の阿蘇山・高岳の裾野に16日未明、雲海が現れ、夜明けの町を包み込んだ。2016年4月の熊本地震により全ての登山道が規制されていた高岳は、約2年ぶりに立ち入りができるようになり、中岳第1火口や周辺の町が見渡せる景勝地に、にぎわいが戻り始めた。

日本の巨匠の遺作で世界熱狂 黒川紀章氏設計「宇宙船」スタジアム - 産経ニュース
 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の主要会場、サンクトペテルブルク競技場には日本の巨匠の魂と理念が息づいている。国際的に名高い建築家、黒川紀章氏(享年73)が2006年に設計を手がけた。

6月中は楽しめそう 富士山のふもとでキカラシ満開(動画)
 - ANNnews
 富士山の麓では、鮮やかな黄色の花を咲かせるキカラシが満開となり見頃を迎えているそうです。
 キカラシは菜の花と間違えられることもある植物ですが、菜の花よりも花が小さく香りが強いのが特徴といいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

京都・六角堂の池でハクチョウの赤ちゃん誕生 他

- 時事
● 46年前発見サンショウウオ、新種と判明し命名
 - 読売新聞
 高知県土佐清水市で1972年に見つかったサンショウウオが新種だと判明し、「トサシミズサンショウウオ」と命名されたそうです。

アニメ「しんちゃん」で見たニッポンに感動 中日・モヤ
 - 朝日新聞
 「だから『しんちゃん』で見た光景を目の当たりにした時は感動したよ。本当だったんだって」。例えば、小学生が黄色い帽子をかぶって登校することや、母親が小さい子どもを自転車に乗せて疾走する姿を実際に見たときのことは忘れないという。

京都・六角堂の池でハクチョウの赤ちゃん誕生(動画)
 - SankeiNews
 いけばな発祥の地として知られる六角堂(京都市中京区)でコブハクチョウの赤ちゃんが誕生し、親子で池を泳ぐかわいらしい姿が拝観者らの目を楽しませているそうです。境内で23年前からコブハクチョウが飼育され、ヒナの誕生は5年ぶり6羽目といいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

沙羅の花、はかなく美しく 京都・東林院で愛でる会 他

- 時事
日本列島ほぼ全域描く、最古級の地図発見 広島の博物館
 - 朝日新聞
 14世紀中ごろの室町時代に描かれたとみられる、本州から九州のほぼ全域が記された日本地図がみつかった。広島県福山市の県立歴史博物館が15日発表した。全体が残った地図では最古級。

● 「雨降ればもっと伸びる」誰も届かないフキ
 - 読売新聞
 日本最大級のフキとされる「ラワンブキ」の収穫が、北海道足寄町でピークを迎えている。

● 沙羅の花、はかなく美しく 京都・東林院で愛でる会
 - 産経ニュース
 平家物語ではかなさの象徴とうたわれた「沙羅双樹」。
 沙羅双樹の寺として知られる妙心寺塔頭の東林院(京都市右京区)では15日、恒例の「沙羅の花を愛でる会」が始まったそうです。
 沙羅は、ナツツバキの別名。朝に咲いた白い花が夜には落ちることから、平家物語では「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」と記されたといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3