情報発信は冷静に行って欲しい

- 日々のつぶやき

情報発信は、冷静に行って欲しいっていうのが、私の切望。

 

恐ろしいことが起きる前から、心の中が心配で満ちた状態になり

起きてしまってからも、これから起こる何かを思い、恐怖基盤の行動を起こし

不安をあおるような情報源に、自ら進んでなっている

 

こんな人を、最近よく見かけますが

見ているだけで、ちょっぴりしんどいと感じるのは、きっと私だけではないのだろうと思うのですが

 

皆さんはいかがでしょうか。

 

とりあえずは深呼吸をしてみて欲しいなぁと、思っていたりする。

ゆっくりお風呂に入ったり、可能な限りリラックスできる状況を作ってみてほしい。

もし、なってしまったら

もう、治ると信じて過ごすしかないのだし。

自分からハリさしに行く人々も、渦から抜けることを切に願っての行動で

 

みんな、この状況が収まってほしいという思いは同じなのだろう。

 

ハリ刺そうが刺すまいが

そのあとに起こる様々な”何か”があろうがなかろうが

 

何かあったら、対処していく

それだけのこと。

ただただ、起こる出来事を受け入れて

自分がどうある事が自分にとって正しいのかを考え
心地よいと思える方向へ行動を起こしていく

 

少なくとも、私にとってはこれ以外の選択肢など存在はしない。

 

 

悲しくても、苦しくても、やるせなくても

自分と異なる思想を持った人々には、その人たちが信じる未来や可能性があって

それぞれの幸せに向かって進んでいるだけに過ぎないのだと、私は信じている。

 

「正しい情報」は必要だけれど

それを正しいというにはまだ情報不足の状態にあるのだし

それを正しいと判断するのは各々の世界観の問題。

 

正しさの主張とか

不安の拡張は、「正しい情報」には必要ない。

 

この渦に飲み込まれている人々を観察していると

この渦そのものに苦しんでいるというよりも

様々なトラウマ反応で苦しんでいるように見える。


そして、その反応に対していちいち反応してしまう自分もまた
トラウマ反応のようなものを起こしているのだろう。

 

誰かや何かが原因で起きたことも、すべて
自分にとって必要な出来事なのだと大きく受け入れて
腹を据えて生きていけたらいいなと思っている。

続きを見る >>

たんぽぽ

- 頭の中を駆け巡っていく言葉たち

何度踏みつけられようとも枯れることのない

あの たんぽぽのようでありたい

地中深くに根を伸ばし
刈られてもまたそこで種をつける

あの強さが欲しい

変わらずそこで咲き続けて
温かく人々を迎え入れたい

強く
そして朗らかに

そっと心に寄り添いながら
当たり前のように微笑んで

風に揺られ
耳を澄ませていたいんだ


続きを見る >>

嵐が過ぎれば

- 頭の中を駆け巡っていく言葉たち

吹き荒れる風に叩かれて
冷たい雨に殴られて

なぎ倒された樹々に呆然と立ちすくみ

もう
明日など来ないものだと思えても

驚くほどにあっさりと
何事もなく普通に
美しい朝日は昇ってきて

いちいち嵐に心脅かされている私を笑っているようだ

ちぎれた心は温められて
少しずつ傷は癒えて行く

倒れた樹々が残したしこりはきっと
私の糧へとなるのだろう


 
続きを見る >>

野口整体活元運動に参加してきました

- 日々のつぶやき

野口整体、ずっと気になっていたのですが

ホームページを見つけたはいいが、申し込み方がわからないし、明確な場所も、どんな人がやっているのかも、料金も、具体的にどんなことをするのかもわからなくて

行ったことがありませんでした。

申し込みは、HPに掲載されている電話番号に電話するだけだったみたい^^;


パートナーがある日突然
「野口整体行ってきたんだけどさー」
と言い出して

詳しく聞いたら、今度活元運動に参加するというので連れて行ってもらった。


まず、料金は

野口整体を受けるには、入会する必要があるそうで、入会金を支払う

支払ったら整体を受けられるようになる。
整体は一回5500円だったかな。

活元運動に関しては、入会しなくても参加できる。
参加費は一回1100円。お安い。


彼は入会金を支払い、整体を受けていて
一回5500円とは思えないくらい身体に変化を感じると言っていました。

私は、とりあえず活元運動だけなので1100円。

 

会場に行ってまず驚いたのは、場のエネルギー。
ドアを開けた瞬間、ものすごく心地の良いエネルギーにほわんと包まれて、入っただけでふんわり緩みました。

それから先生。年齢不詳(笑)
穏やかでありながら、考え方に一本筋が通っている感じ。
とても素敵な方でした。

そして参加者のみなさん。
誰も人工香料臭くないし、強すぎる電磁波も感じない。
纏っている空気感も穏やかで素敵な方々でした。

 

肝心の活元運動そのものですが

ものすごく心地よかったです。ただただ不思議。

みくさのみたからにも、ちょっと似てるかなと思ったけれど
みくさのみたからの場合は、

私的には”自分で動かしたいと思うように自分で動かす”
イメージですが

活元運動は、”自分の身体のエネルギーの動きが自然に出るように促し、その動きが外に出ているのを感じているうちに、自然と整う”
こんな感じなのかなと思いました。
こっちのほうが断然好きです。

特に不思議だったのは、二人一組でやるもの。

背中に手を当てられるだけで、身体がゆらゆらと揺れて、感じたことのない心地よさに包まれました。
じんわりと心地の良いエネルギーが身体をめぐり、ぐっすり眠れた翌日の寝起きのような感覚になったんです。

今度ゆっくり時間のある時に、彼と二人でもやってみたいなぁ。
可能なら、娘ともやりたい。連れて行ってみようかな。

 

ヨガ含めて、自分のメンテナンスに毎月2万円弱かかっているので、さらに野口整体を受けるのは現状難しいけれど
いつか整体も受けてみたいな。

とりあえず、活元運動の参加は続けて行きたいなと思いました。
 

続きを見る >>

何を考えているのやら。

- 日々のつぶやき

 

あらゆる障害がすべて無いと仮定して
一緒に住みたいと思うか?と聞かれた。



とりあえず、今は別に一緒に住みたいと思わない。
そう答えた。
 

数日間一緒に過ごしてみたりして、何の問題も不満もなく、自然に穏やかに時が過ぎて
面倒に感じる原因などは一つもないのだけれど

何故か面倒くさいなーと思ってしまう。

おそらく、今までの経験からこの感情が湧き出ているのだろうと思う。




過去の嫌なイメージがなくなったとして
一緒に住みたいかをイメージしてみたけれど

結局、まだ一緒には住みたくないなと思った。
娘も今思春期だし。
私も、もっと自分一人の時間をたっぷり過ごしたいとも思うし。

 

数日間一緒に過ごしてみて、彼の方も自然体で居られたようで
私がどう感じているのかが気になったらしい。

私の事はそんなに好きでもないし、結婚はしたいけど私としたいわけではないと、彼はよく言っているのだけれど
(ものすごく私の事好きそうにしか感じないんですけどねぇ。寝言かなぁw)

一緒に住むのはアリだと思ったという事なのかな。

私は彼をものすごく好きだけど
結婚は二回もしたし、子供も産んだし、彼とはずっと一緒にいたいけど結婚の必要性は感じていない。

子供はまた産めるんなら産んでみたいけど。
今はまだピンと来ないかな。

 

私にとって、人生最後のパートナーなんじゃないかと感じながらも
今現在の感覚では、あんまりパッとしない感じもあって
徐々にこの感覚は変化していき、そのうちしっくりくるようになるんだろうなーと思っていたりする。

”しっくり感”に変わったころ、改めて「やっぱりこの人は人生最後のパートナーだ」って、確信するのかな。

そういう感覚になったら、きっと一緒に住みたいと思うだろうし
結婚も意識し始めたりするのだろう。

問題なのは、その”しっくり感”はどれくらい先にやってくるのか、というところ。
彼はいつか子供が欲しいと言っているで

どんなに遠く設定したとしても、あと3年がいいところ。


それまでにピンと来なければ、彼にとっては私は最後の相手ではないということなのだろうな。

自然に逆らわぬように
彼を縛り付けることのないように
流れに任せて、自分の魂の声に従って

柔らかく
緩やかに

過ごしていけたらいいな~と感じています。

続きを見る >>