初夏を彩る千葉市の花「大賀ハス」が見ごろ 他

- 時事
● 線路は続くよ歩く速さで 91歳手作り「本格派」 桜谷軽便鉄道
 - 毎日新聞
 人が歩くほどの速さで、大人の背丈ほどの小さな車両がコトコトと走る。大阪府豊能町の丘の上を走る「桜谷軽便鉄道」。個人が趣味で開設した延長150メートルのミニ鉄道だ。

● うな丼発祥 茨城・牛久沼のウナギ増やそう 水門に魚道設置
 - 毎日新聞
 茨城県竜ケ崎工事事務所が、牛久沼の八間堰水門に、ニホンウナギの遡上を助ける魚道を設置し、効果を確かめる調査に取り組んでいる。
 牛久沼はうな丼の発祥地と伝えられるなどかつてはウナギの名産地だった。

● 薄くてペラペラ、まるで巨大な定規?千葉のタワーが話題
 - 朝日新聞
 青空の高さを測るようにそびえ立つ「千葉ポートタワー」(千葉市)がいま、ネットで話題になっている。タワーは底辺がひし形の四角柱だが、見る角度によっては「薄い透明な定規」のようにも見える。

初夏を彩る千葉市の花「大賀ハス」が見ごろ(動画)
 - ANNnews
 千葉市の公園では、大賀(おおが)ハスが見頃を迎えています。
 大賀ハスは1951年に千葉市内の縄文時代の遺跡から採取されたハスの実が発芽したもので、約2000年前の古代ハスの一種。千葉市では市の花として親しまれています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3