時事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

NEW
あれはロバ?馬?いえ、ムーラ アンデスにいるんです 他

- 時事
● 「三十槌の氷柱」が見頃、ライトアップ始まる(動画)
 - 読売新聞
 岩肌からしみ出た清水が寒さで結氷する埼玉県秩父市大滝の「三十槌(みそつち)の氷柱」が見頃を迎え、12日夜、ライトアップが始まった。

横たわる夕顔、嘆く光源氏…幻の「夕顔の死」見つかる
 - 朝日新聞
 江戸時代初期に描かれ、全容がわからないこともあって「幻」とも呼ばれる「盛安本源氏物語絵巻」のうち、ヒロインの一人である夕顔の死を描いた場面が新たにフランスで見つかった。

● 道後温泉本館、保存修理始まる…7年かけ耐震化
 - 読売新聞
 松山市の道後温泉本館(重要文化財)で15日、開業以来初となる大規模な保存修理工事が始まった。工事期間中、休憩室がある2、3階は使えないが、1階に五つある浴室を使い分けて営業を続ける。

● あれはロバ?馬?いえ、ムーラ アンデスにいるんです
 - 朝日新聞
 南米大陸最高峰アコンカグアの登頂とスキー滑降に向けてアルゼンチン入りしているプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)。
 今回の遠征で、よく出合う動物がいる。馬とロバの交雑であるムーラだ。重い荷物を背負って山道を運んでくれる。三浦さんの遠征にも欠かせない存在だ。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
特大茶碗で豪快な一服 奈良・西大寺で新春「大茶盛式」 他

- 時事
● 女子大サークル、「幻の寺」突き止めた 調査は1年半
 - 朝日新聞
 京都女子大のサークル「京都女子大考古学研究会」の学生らが如意ケ嶽(にょいがたけ)(京都市左京区)の山中で平安時代前期の寺院跡を調査し、「幻の寺」とされてきた山林寺院の「檜尾(ひのお)古寺」であることを突き止めた。

● 新宿の新成人、半数が外国人 日本語学校の留学生多く
 - 朝日新聞
 新成人の2人に1人が外国人の東京都新宿区で14日、成人式が行われた。区全体の外国人比率は10%余りだが、日本語学校や大学も多く、20歳を迎える留学生が多いことが一因という。

● 高知)マナヅル7羽の越冬を確認 四万十市(動画)
 - 朝日新聞
 マナヅル7羽が高知県四万十市で越冬している。市民団体「四万十つるの里づくりの会」が確認した。2年連続の越冬は約40年ぶりという。

特大茶碗で豪快な一服 奈良・西大寺で新春「大茶盛式」
 - 産経ニュース
 奈良市の西大寺で15日、特大の茶碗で茶を回し飲みする恒例行事「大茶盛式」の初釜が行われ、約40人の参拝者らが豪快な一服を堪能した。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
宮崎)高校生が1日限定黒板アート 他

- 時事
● 「流氷初日」観測、昨年より15日早く…網走
 - 読売新聞
 北海道網走市の網走地方気象台は13日、オホーツク海の流氷が陸地から肉眼で見える「流氷初日」を観測したと発表した。昨年より15日早く、平年より8日早い。

世界初「流れ星」作る人工衛星 17日打ち上げへ
 - 朝日新聞
 希望の場所で、夜空に流れ星を――。金属球を落下させて「流れ星」を作る世界初の人工衛星が17日、イプシロンロケット4号機で、鹿児島県肝付町から打ち上げられる。

● 県道脇道の丘、早咲きのサクラが満開…鹿児島
 - 読売新聞
 鹿児島県南九州市川辺町永田で早咲きのサクラが見頃を迎え、通りかかる人たちの目を楽しませている。

● 高校生が1日限定黒板アート 宮崎
 - 毎日新聞
 宮崎市船塚の県立図書館で13日、宮崎商業高2年、川口愛莉さんが黒板に神楽を描いた作品が1日限定で公開された。
 若い世代に神話や民話に関心を持ってもらおうと、同館が黒板アートの制作者を公募した。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で通し矢 他

- 時事
● 体育の授業「手作りスケートリンク」 35年の恒例行事
 - 朝日新聞
 岐阜県郡上市の小川小学校の児童5人が11日、山あいにある手作りのアイススケートリンクで滑り初めをした。約35年前に始まった恒例行事で、体育の授業の一環。デッキブラシを使ったブラシホッケーも楽しんだ。

● トキワ荘の復活 来年3月22日 「マンガの豊島」聖地へ
 - 東京新聞
 豊島区が進めるトキワ荘再現施設「マンガの聖地としまミュージアム」(仮称)の着工日が今月15日、オープン日が2020年3月22日に決まった。

​● 給食で「籠城食」、会津の人々の思い 取り組み広まる
 - 朝日新聞
 献立は南瓜(かぼちゃ)と大豆のみそあえ、玄米ごはん、じゃがいものみそ汁、大根の香り漬け。1868年の戊辰戦争で会津藩は9月22日に降伏するまで、約1カ月間の籠城戦を強いられた。その時に城内で作られた食事を再現したものだという。

晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で通し矢(動画)
 - 共同通信
 京都市東山区の三十三間堂で13日、弓の伝統競技「通し矢」に由来し、新成人が腕前を競い合う大的(おおまと)全国大会が開かれた。
 寒空の下、振り袖にはかま姿の女性や道着姿の男性ら約1600人が、約60メートル先の的を狙って次々と矢を放った。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

優しい香りに包まれて 兵庫・南あわじでスイセン見ごろ 他

- 時事
● 金栗四三の記念館開館 熊本・和水、生家を改修
 - 産経ニュース
 五輪に初参加した日本人の一人で、NHK大河ドラマ「いだてん」主人公のマラソン選手・金栗四三の生家を改修した記念館が11日、熊本県和水町に期間限定で開館した。和水町は3日に震度6弱の地震に見舞われたが、地震による大きな被害はなかった。

● 小豆島のニホンザル、英タイムズ飾る 特別な瞬間切り取る
 - 毎日新聞
 厳冬の小豆島(香川県)で身を寄せて温め合うニホンザルの姿が昨年12月31日、英有力紙「タイムズ」に大きく掲載された。

● 「鈴木」のルーツは神官、居住した屋敷は老朽化
 - 読売新聞
 全国に200万人いるとされる「鈴木」姓のルーツである一族が住んだ「鈴木屋敷」(和歌山県海南市)の再生・復元に向けた取り組みが本格化している。

優しい香りに包まれて 兵庫・南あわじでスイセン見ごろ
 - 朝日新聞
 兵庫県南あわじ市の「灘黒岩水仙郷」で、ニホンスイセンが見頃を迎えている。同郷はニホンスイセンの「日本三大群生地」として知られ、淡路島最高峰の諭鶴羽山の裾野の傾斜地7ヘクタールに約500万本が自生している。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

黄色いじゅうたんと富士山 他

- 時事
● 流氷、網走沖110キロに 海保オホーツク上空で観測(動画)
 - 時事通信
 第1管区海上保安本部(小樽)は10日、オホーツク海上空から航空機による流氷観測を実施した。船舶が流氷と衝突するのを防ぐために毎年行っており、今年は平年より5日早いペースで南下、北海道網走市の北約110キロに到達している。

● 学校がスマホ一括契約、全生徒に「制携帯」配布
 - 読売新聞
 私立の小中学校や高校で、児童や生徒にスマートフォンの持ち込みを認める動きが広がっている。公立小中学校へのスマホ持ち込みを4月から認める大阪府教育庁は、ガイドラインの作成を進めている。

● 帰還困難区域の夜ノ森駅、解体へ 休業のまま1世紀で幕
 - 朝日新聞
 原発事故で全町避難を強いられた福島県富岡町の帰還困難区域にあるJR夜ノ森駅=休業中=の駅舎が近く解体されることがわかった。

黄色いじゅうたんと富士山(動画)
 - 時事通信
 神奈川県二宮町の吾妻山公園で見頃を迎えた約6万株の菜の花。冠雪した富士山と黄色いじゅうたんの見事なコントラストが訪れた人の目を楽しませていた。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

電線渡るサルの群れ話題 青森 他

- 時事
● 地表に窪み「竪穴住居跡」北海道2万3千軒確認
 - 読売新聞
 地表に窪(くぼみ)として残る先史時代の竪穴住居跡について、北海道教育委員会が2015年に始めた調査で、道内1335遺跡で約2万3000軒を確認したことがわかった。

● 17日に打ち上げ、「イプシロン」4号機を公開
 - 読売新聞
JAXAは9日、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から17日に打ち上げる固体燃料ロケット「イプシロン」4号機の機体を公開した。

斜面すれすれ、ヘリが超絶技巧で負傷者救助 仏アルプス
 - CNN.co.jp
 フランス・アルプスでこのほど、ヘリコプターが斜面すれすれの位置でホバリングし、負傷したスキー客を救助する出来事があった。

電線渡るサルの群れ話題 青森(動画)
 - 共同通信
 青森県むつ市で、サルの群れが雪原の上に張られた電線を器用に渡る動画が撮影され、話題になっている。映像は7日、投稿者の母親が同市の自宅から撮影。20匹ほどのサルが上下2本の電線を両手足でつかむなどし、列をなして渡っている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

シャンシャン1月7日の映像 他

- 時事
● 「置き勉」OK、各地で加速 「走るの楽」歓迎の声
 - 朝日新聞
 通学かばんの重さが懸念されるなか、教科書などを学校に置いて帰る「置き勉」を認める動きが各地で進んでいる。文部科学省が昨秋出した、通学時の荷物の重さなどに配慮する通知に後押しされた形だ。

● 深川製磁「宮内庁御用達」を初公表
 - 毎日新聞
 深川製磁の深川一太社長(70)は8日、今年は天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位が予定されているが、一連の儀式で使われる食器類を同社が納めている事実を初めて公表した。「皇室のご依頼で納品するのは大変な名誉。だが、商売に利用すべきではないと考え、公表を控えてきた」と弁明した。

● 春待つミヤコドリ24羽 福岡
 - 毎日新聞
 福岡市東区の香椎浜や和白干潟で、ミヤコドリの群れが越冬している。以前は数羽のみだったが近年は増加傾向にあり、今冬は24羽が確認されている。

シャンシャン2019年1月7日の映像(動画)
 - 時事通信
 東京・上野動物園のジャイアントパンダ、シャンシャンの近況(574日齢)を撮影した映像を紹介しています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

マグロに願い 兵庫・西宮神社 他

- 時事
神奈川)136m山頂展望台、早咲き「菜の花」見頃
 - 読売新聞
 神奈川県二宮町の吾妻山の山頂展望台付近で早咲きの「菜の花」約6万株が見頃を迎えている。訪れた人は、富士山や相模湾を見渡せる360度のパノラマと菜の花の競演を楽しみ、写真を撮るなどしていた。

● ジャンプ小林陵侑、「5ミリ」の変化で躍進
 - 朝日新聞
 昨夏、所属先のフィンランド人のヤンネ・バータイネン・コーチが一つの提案をした。スキー板と靴を留める金具の間に挟む「プレート」の厚さを5ミリ薄くすることだ。重心を低くしてアプローチを組めれば、踏み切る時により大きな力を伝えられる。

預金通帳型の「読書の記録」導入 大分・杵築市立図書館
 - 毎日新聞
 大分県杵築市立図書館は、預金通帳型の「読書の記録」システムを導入している。外見は金融機関の預金通帳とそっくりで、貸出日、本のタイトル、著者名、本の価格が機械で印字され、遊び心をくすぐる。

● 豊漁と金運、マグロに願い 西宮神社、250キロ大物
 - 産経ニュース
 商売繁盛の神様「えべっさん」総本社として知られる兵庫県西宮市の西宮神社に8日、地元の水産関係者が豊漁を祈願して約250キロの大マグロを奉納した。マグロの頭や背中にさい銭を張り付けると「お金が身に付く」とされ、多くの参拝者が5円玉や100円玉を手に列をつくった。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ