時事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

NEW
一面、紫色のじゅうたん 富良野でラベンダー見頃 他

- 時事
● 「魔法の泉」を発見、ドラクエ?旅人癒やす笑顔の源
 - 朝日新聞
 大分県の原生林の中に、青く輝く泉がある。大分県由布市の山あいにある男池(おいけ)。木立が風を遮り、さざ波ひとつない水面が、1日2万トンともいわれる湧水で絶え間なく揺らいでいる。

五輪テスト会場にウミガメ 警備員ら、産卵場所を保護
 - 朝日新聞
 東京五輪から新競技となったサーフィンが実施される釣ケ崎サーフィンビーチ(千葉県一宮町)で18日、五輪のテスト大会が開かれた。
 ただ、会場の一角ではウミガメが産卵したばかり。大会組織委員会は、産卵場所を保護する柵を設置したりするなど対応に追われた。

● 200年超「名前間違えていた」 日光・輪王寺の尊像
 - 朝日新聞
 世界文化遺産の日光山輪王寺(栃木県日光市)にある「四天王」の尊像が、江戸時代から200年以上にわたって誤った名前で呼ばれ続けていたことが分かった。
 通常、「広目天」は筆や巻物を持っているはずなのに、輪王寺の尊像は刀を手にしていた。刀を手にするのは、増長天の特徴。輪王寺は調査結果を踏まえて、尊像を「増長天」に変えることを決めた。

● 丘一面、紫色のじゅうたん 富良野でラベンダー見頃(動画)
 - 共同通信
 北海道の富良野地方でラベンダーの花が見頃を迎えている。中良野町の観光農園「ファーム富田」には、多くの観光客が訪れている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
ディズニーシーに新アトラクション 空飛ぶ「ソアリン」 他

- 時事
北海道)130万本のヒマワリ見頃…網走
 - 読売新聞
 北海道網走市三眺の大曲湖畔園地で、約130万本のヒマワリが見頃を迎え、訪れた人たちが鮮やかな黄色が広がった光景を楽しんでいる。

NZのすし店に「珍客」=ペンギンを警察が保護
 - 時事通信
 ニュージーランド(NZ)の首都ウェリントンで、すし店に2羽のコガタペンギンが入り込み、通報を受けた警察が保護する騒ぎがあった。2羽は近くの海に戻されたが、店から漂う魚の香りに引き寄せられた可能性がありそうだ。

● 飼料タンクに親子クマ 4日間閉じ込められ・・・衰弱(動画)
 - ANNnews
 栃木県塩谷町の牧場で、飼料タンクから親子とみられるクマ3頭が見つかりました。タンクから出られずに衰弱しています。塩谷町はクマが弱っていることから、救出した後に山に逃がす方針です。

● ディズニーシーに新アトラクション 空飛ぶ「ソアリン」
 - 朝日新聞
 東京ディズニーシーの新しいアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が17日、報道陣に公開された。シーの36番目の施設で、23日にオープンする。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
「動く美術館」都大路進む 京都・祇園祭の山鉾巡行 他

- 時事
● 明け方に部分月食=那覇などで観測
 - 時事通信
 満月が欠けて見える部分月食が17日早朝、中国、四国地方の一部、九州や沖縄などで起き、天候の良い地域で観測された。

赤トンボ、季節外れの大群 冷夏で山行かずにのんびり?
 - 朝日新聞
 7月に入っても最高気温が30度を超えない日が続く千葉県習志野市で、赤トンボの一種「アキアカネ」が大量にいるのが見つかった。
 アキアカネは平地の水辺で育って初夏に羽化するが、夏の暑さが苦手で、涼しくなる秋ごろまで山間部へ移動して「避暑」をするという。

● アポロ11号よみがえる重責 打ち上げ50年、宇宙服公開
 - 産経ニュース
 1969年7月に初の有人月面着陸に成功した米国の宇宙船アポロ11号の打ち上げから16日で50年がたった。ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館では同日、ニール・アームストロング船長が人類で初めて月を歩いた時に着用した宇宙服が公開された。

● 「動く美術館」都大路進む 京都・祇園祭の山鉾巡行
 - 産経ニュース  動画: 共同通信
 京都・祇園祭は17日、見せ場となる前祭の「山鉾巡行」が行われ、豪華な装飾品で「動く美術館」とも呼ばれる山鉾23基が、都大路を堂々と進んだ。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

「屈折ピラミッド」修復終え54年ぶりに公開へ 他

- 時事
● 復興願う106隻、海彩る 宮城・塩釜みなと祭
 - 産経ニュース
 宮城県塩釜市で、東日本大震災からの復興や町の活性化を祈る「塩釜みなと祭」が15日、開かれた。みこしを載せた色鮮やかな御座船「鳳凰丸」と「龍鳳丸」が、104隻の船を従えて松島湾を巡った。今年で72回目。

英国の新紙幣に「AIの父」 コンピューターの原理発見
 - 朝日新聞
 英国の新しい50ポンド紙幣の肖像に、英国の天才数学者、アラン・チューリングが採用された。コンピューターや人工知能(AI)の原理を見つけた一人として知られる。

● 三途の川、群馬に流れていた 知らずに行き交う1万人超
 - 朝日新聞
 現世の群馬県には本物の「三途川」が流れている。地味な小川だが、国道や鉄道が横断し、日々生者が行き来する。

● 「屈折ピラミッド」修復終え54年ぶりに公開へ(動画)
 - ANNnews
 エジプトの大小様々な「ピラミッド」。そのなかでも、斜面の角度が途中から変化することから、「屈折ピラミッド」と呼ばれる珍しいピラミッドが修復作業を終えて54年ぶりに一般公開されることになりました。屈折ピラミッドの高さは、約100メートル。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

炎乱舞、観客を魅了 那智の扇祭り、和歌山 他

- 時事
都心18日連続「日照3時間未満」、最長を更新
 - 読売新聞
 東京都心は14日、18日連続で「日照時間3時間未満」となった。低温による農業被害が出た1988年を超え、61年の統計開始以来の最長記録を更新した。今後1週間ほど低温が見込まれており、気象庁は農作物の管理に注意を呼びかけている。

訪れるべき地域に「四国」、国内で唯一選ばれる
 - 読売新聞
 世界で親しまれている海外の大手旅行ガイドブック「ロンリープラネット」がウェブサイトで発表した2019年に訪れるべきアジア太平洋地域に、日本からは唯一四国が選ばれた。

街角に響き渡るピアノ 誰でも自由に JR札幌駅に登場
 - 毎日新聞
 「街角にピアノを」。JR札幌駅に24日までの期間限定で誰でも自由に弾けるピアノが登場した。駅構内に響き渡るピアノの音色に、足を止め、聴き入る通行人も目立つ。

● 炎乱舞、観客を魅了 那智の扇祭り、和歌山(動画)
 - 共同通信
 和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で14日、例大祭「那智の扇祭り(火祭)」が開かれた。大たいまつを担いだ白装束の氏子らが那智の滝前で炎の乱舞を繰り広げ、大勢の観客を魅了した。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

北海道)色鮮やかなウグイ 釧路川で遡上ピーク 他

- 時事
● 紅の摩天楼「マンハッタンヘンジ」
 - 読売新聞
 ニューヨーク・マンハッタンの摩天楼の谷間に夕日が美しく沈む「マンハッタンヘンジ」と呼ばれる現象が12日夜(日本時間13日午前)に発生した。

● 「雪国」出身だからね…アザラシ、雪に大喜び
 - 読売新聞
 夏本番を迎える前に涼を感じてもらおうと、神戸市立須磨海浜水族園で13日、オホーツク海など北の海に生息するゴマフアザラシ5頭に雪がプレゼントされた。

夕映えの路、深紅に染まるマリア像 信仰息づく絶景の島
 - 朝日新聞
 長崎県五島列島の福江島の北西端に、渕ノ元カトリック墓碑群はある。墓碑群に続く海沿いの道は「夕映えの路(みち)」。地元では知られたスポットだ。

● 色鮮やかなウグイ 釧路川で遡上ピーク
 - 北海道新聞
 鮮やかな婚姻色に染まったウグイの遡上(そじょう)が釧路川でピークを迎えている。屈斜路湖や、そこから流れ出す釧路川源流部の浅瀬では、群れをなしたウグイが時折バシャバシャと音を立てて産卵し、カヌー客や水辺を散策する人たちを驚かせている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

カピバラの赤ちゃん愛らしく 沖縄・名護のネオパーク 他

- 時事
山口)希少トンボ おうちは「御殿跡」 下関で発見
 - 朝日新聞
 幕末の長府藩主居館跡「勝山御殿跡(かつやまごてんあと)」(山口県下関市)の敷地内に、山口県のレッドリストに掲載されているハッチョウトンボが生息していることが分かった。

● 「デスノート」小畑健、初の顔出し 画業30周年を語る
 - 朝日新聞
 「ヒカルの碁」「DEATH NOTE(デスノート)」――。
 原作者とタッグを組み次々とヒット作を生み出してきた漫画家の小畑健さんが、画業30周年記念の展覧会が始まったのにあわせ、初の顔出し取材に応じた。

物思い?
 - 産経ニュース
 米東部ニューハンプシャー州の宿泊施設のベランダで目撃されたクマ。まるで人間のように物思い?

● カピバラの赤ちゃん愛らしく 沖縄・名護のネオパーク
 - 琉球新報
 名護自然動植物公園「ネオパークオキナワ」で、約2年ぶりにカピバラの赤ちゃん2頭が生まれた。性別はまだ不明。母イネや父オランに甘えるなど、愛らしい姿で来園者を楽しませている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

「令和元年」の100円と500円製造開始 記念金貨も 他

- 時事
氷にがぶりホッキョクグマ 北海道・旭山は夏日
 - 産経ニュース
 北海道旭川市の旭山動物園で11日、ホッキョクグマに重さ計約180キロ分の氷の塊がプレゼントされた。この日は気温が28度を超える夏日。ホッキョクグマが大きな口を開けて氷にかじり付いたり、爪で引っかいたりして遊ぶ姿に、来園者が歓声を上げた。

● 神社の木にムーミン宿る? 巨大クスノキ、福岡・古賀
 - 産経ニュース
 福岡県古賀市の五所八幡宮に、北欧童話でアニメ化もされた人気キャラクター「ムーミン」の後ろ姿に似たこぶを持つ、巨大クスノキがある。

● レイニーブルー』路上ライブで歌ったら、客からの一言「作詞した大木誠です」 - The Huffington Post
 路上ライブで徳永英明さんの『レイニーブルー』を披露していたら、客の中から楽曲の作詞をした大木誠さんが突然現れ、投げ銭を落とす。そんな奇跡的な出会いが、ネット上を沸かせている。

「令和元年」の100円と500円製造開始 記念金貨も
 - 朝日新聞
 硬貨をつくっている造幣局(大阪市)は11日、「令和」の元号が入った100円と500円の製造を始めた。硬貨は早ければ7月中にも日本銀行に引き渡され、その後、金融機関を通じて市中に出回る。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

シャンシャン 今日も元気 上野動物園のジャイアントパンダ 他

- 時事
● 津波が生んだ命たち 貴重な動植物とともに歩む復興の道
 - 朝日新聞
 東日本大震災で壊滅した岩手県大槌町の中心市街地が一部、湿地帯となり、絶滅が危ぶまれるミズアオイやイトヨの新たな交雑種が繁殖している。奇(く)しくも津波の浸食がもたらした産物だ。

● アフリカ外で最古のヒト化石発見 人類移動の歴史塗り替え
 - 時事通信
 ギリシャの洞窟で発見された頭蓋骨の化石を分析した結果、アフリカ以外で見つかった中では最古となる21万年前の現生人類(ヒト)の骨であることが分かったと発表された。これまで考えられていた人類の欧州到達時期を15万年以上さかのぼることとなる。

● モンゴルに恐竜の巣密集地 アジア最大、集団子育てか
 - 産経ニュース
 筑波大と北海道大などの研究チームは10日、モンゴルのゴビ砂漠で、テリジノサウルス類とみられる恐竜が集まって産卵した「集団営巣地」の跡を発見したと発表した。幅1メートルほどの巣の化石が少なくとも15個見つかり、アジア最大規模という。

シャンシャン 今日も元気 上野動物園のジャイアントパンダ(動画)
 - SankeiNews
 東京都台東区の上野動物園は7月8日に撮影したジャイアントパンダの子供「シャンシャン」の映像を公開した。診察や医療行為を受けるための訓練で、今回は実際に採血を行う様子が撮影された。シャンシャンは嫌がる様子はなく、落ち着いて飼育員に触れられている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ