アジサイ浮かぶ手水舎…愛知・一宮 他

- 時事
モネ「睡蓮」を修復公開 国立西洋美術館で展示
 - 産経ニュース
 戦後長らく所在が分からず、2016年にパリのルーブル美術館で見つかった印象派の画家モネの油彩画「睡蓮、柳の反映」が、東京・国立西洋美術館で11日から始まる「松方コレクション展」の内覧会で報道陣に公開された。

白黒フィルム、やっぱり販売再開します 富士フイルム
 - 朝日新聞
 富士フイルムは10日、モノクロ写真用の白黒フィルムの販売を今秋に再開すると発表した。昨年、販売を終了したばかりだったが、写真愛好家から販売再開を望む声が相次ぎ、新たに開発した白黒フィルムを再び発売することになった。

鹿児島)最南端岬に展望台
 - 産経ニュース
 九州本島最南端の佐多岬(鹿児島県南大隅町)の国立公園内に、展望台がオープンした。太平洋や東シナ海が広がり、晴れた日は屋久島や種子島が望める。

● アジサイ浮かぶ手水舎…愛知・一宮
 - 読売新聞
 愛知県一宮市の御裳(みも)神社で「尾西あじさいまつり」が8日、始まった。アジサイの花を浮かべた手水舎が人気を集め、朝早くから多くの人でにぎわった。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3