イルカウォッチングの季節到来 伊豆諸島・御蔵島 他

- 時事
河口付近に「体長4mの生き物」…クジラだった
 - 読売新聞
 12日午前、北九州市小倉北区の板櫃川の河口付近で「4~5メートルの生き物が泳いでいる」と航行中の漁船から市に連絡があった。
 小型クジラの一種「コビレゴンドウ」とみられ、河口付近で姿を現すのは珍しいという。

● 飲み物に並んで…冷や汁が自販機に 暑い日に1杯いかが
 - 朝日新聞
 冷やしたみそ味の汁を具や薬味とともにご飯にかけて食べる宮崎の郷土料理の自動販売機が、宮崎市の中心街に登場した。

● 群馬のソウルフード 部活で、会議で、特製タレの鳥めし
 - 朝日新聞
 群馬県民ならきっと、各種行事の昼ご飯としてお世話になっているのが、前橋市に本社がある「登利平(とりへい)」の弁当だろう。

イルカウォッチングの季節到来 伊豆諸島・御蔵島(動画)
 - 朝日新聞
 東京から南へ200キロ、野生のミナミハンドウイルカが生息する東京都御蔵島村で、イルカウォッチングのシーズンが本格的に始まった。
 人間の動きに興味を示し、カメラのレンズをのぞきこんだり、人間と一緒に泳いだり。様々なイルカを観察することができる。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3