時事

NEW
山々染める秋の彩り 立山黒部アルペンルート、紅葉見頃 他

- 時事
● 周囲にガラスないスカイツリー「第3の展望台」
 - 読売新聞
 東京スカイツリーで16日、地上約155メートルにある展望テラスが、今月23日のオープンに先立って報道陣に公開された。

海上保安官のお楽しみ、「船飯」秘伝カレーのレシピ公開
 - 朝日新聞
 海上保安官のとっておきの「船飯(フナメシ)」をつくってみませんか――。第4管区海上保安本部が、管内の巡視艇・船で船員に出しているカレーのレシピをウェブサイトで公開している。

● 年に数日の絶景、夕日が参道を染める「光の道」
 - 読売新聞
 福岡県福津市の宮地嶽神社で、夕日が参道をあかね色に染める「光の道」が現れ、観光客の目を楽しませている。2月と10月の晴れた夕方に見られる現象で、28日頃まで観賞できる可能性があるという。

山々染める秋の彩り 立山黒部アルペンルート、紅葉見頃
 - 朝日新聞
 北アルプス・立山連峰を貫き、富山・長野両県を結ぶ観光ルート「立山黒部アルペンルート」周辺で、ナナカマドやダケカンバなどが紅葉し、山々を秋の彩りに染めているそうです。紅葉は10月下旬まで楽しめるといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
ロケット花火打ち上げ 「龍勢祭」開催…埼玉県秩父市 他

- 時事
帰国便機長もオセロ最年少優勝者だった 祝福の機内アナウンス
 - 朝日新聞
 「オセロの世界チャンピオンに、この飛行機をご利用いただいています。じつを申しますと、私」――。ドイツ発成田行きの全日本空輸で14日夜の離陸直前、こんな放送が流れ、機内は驚きと拍手に包まれた。アナウンスした機長は、福地さんに破られるまで最年少優勝の記録保持者だった。

● 水晶の中に阿弥陀像 快慶の工房の作品? 醍醐寺で発見
 - 朝日新聞
 京都市伏見区の醍醐寺で、水晶に入った木造の阿弥陀仏がみつかった。水晶に入った仏像は珍しく、著名な仏師、快慶の工房でつくられた可能性もあるという。

自宅に「ズドン」と石…46億年前の隕石だった
 - 読売新聞
 愛知県小牧市の民家で9月下旬に見つかった石が隕石いんせきだったことが、国立科学博物館の鑑定で分かった。

● ロケット花火打ち上げ 「龍勢祭」開催…埼玉県秩父市(動画)
 - 読売新聞
 手作りロケット花火を打ち上げる「龍勢祭」が14日、埼玉県秩父市の椋神社周辺で開かれたそうです。
 3月に国の重要無形民俗文化財に指定されて初の開催となったこの日は、多くの観客が詰めかけ、住民が作る25の流派が、自慢の30発を次々と披露したといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

埼玉)赤ソバの花と羽毛ゲイトウが見頃 他

- 時事
● 富士山「初雪化粧」 地元市が宣言 昨年より11日早く
 - 朝日新聞
 富士山の7合目から山頂までが15日朝、雪で覆われた。ふもとの山梨県富士吉田市は「初雪化粧」を宣言した。

● 世界オセロ大会、11歳の日本人が優勝 最年少記録更新
 - 朝日新聞
 チェコの首都プラハで9~12日に開催された第42回世界オセロ選手権で、横浜市の小学5年、福地啓介さんが初出場で初優勝を果たした。

● 京都の寺で「絶滅寸前種」が開花 池底に眠る種が発芽か
 - 朝日新聞
 京都府が「絶滅寸前種」に指定している植物ミズアオイがこの秋、東本願寺(京都市下京区)の庭園で花を咲かせた。
 園内整備のため池の泥をかき出す作業をしたところ、長い間、池の底で眠っていた種子が発芽したとみられる。

埼玉)赤ソバの花と羽毛ゲイトウが見頃(動画)
 - 時事通信
 国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県滑川町)で、赤ソバと羽毛ゲイトウが見頃を迎えているそうです。約10万本の赤ソバと、約50万本の羽毛ゲイトウが植えられており、見る人の目を楽しませているといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

復旧進む熊本城、白っぽく輝く 大天守の瓦をふき替え 他

- 時事
仮住まいの被災者、いまだ2万5千人 熊本地震
 - 朝日新聞
 最大震度7の揺れを2回観測した熊本地震から14日で2年半。
 熊本県内外の仮設住宅などで仮住まいを続ける被災者は、いまだに約2万5千人いる。

● 台風で消失した灯台、海底で発見 ほぼ原形とどめる
 - 朝日新聞
 台風24号の影響で、9月30日に消失が確認された奄美市の灯台が13日、設置されていた名瀬港の防波堤近くの海底で見つかった。

LED2万超、輝く棚田 輪島の名勝棚田でイベント
 - 産経ニュース
 日本の棚田百選に認定されている石川県輪島市の国指定名勝「白米千枚田」を約2万5千個の発光ダイオード(LED)でライトアップするイベント「あぜのきらめき」が13日始まった。

● 復旧進む熊本城、白っぽく輝く 大天守の瓦をふき替え
 - 朝日新聞
 復旧が進む熊本城を、小型無人飛行機(ドローン)で撮影した映像です。大きな被害を受けた大天守は、最上階の6階から4階までの外観修理が完了。瓦がふき替えられた屋根は真新しいしっくいの影響で、晴れた日には白っぽく輝いて見えます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

色鮮やか、五大明王初公開 京都・仁和寺、金堂の壁画 他

- 時事
● 日本初、水星探査へ 欧州機と20日打ち上げ
 - 産経ニュース
 ほとんど分かっていない水星。数多くの謎の解明を目指す日本初の探査機が20日、欧州の探査機とともに南米フランス領ギアナから打ち上げられる。構想21年、到着までは7年の長旅だ。

● 250世帯が同じ住所、郵便物の誤配も…解消へ
 - 読売新聞
 岐阜市鷺山地区で、同じ住所「鷺山1769の2」になっていた約250世帯について、市は12日、建物ごとに割り振った新しい住所表示を公表した。新住所への変更は来年2月4日に行われる。

● 深キョン効果? 電気契約の申し込み倍増 東京ガス
 - 朝日新聞
 電力小売り事業に力を入れる東京ガスが、7月から9月にかけて俳優の深田恭子さんをテレビCMに起用したところ、電気の契約申込件数が倍増した。

色鮮やか、五大明王初公開 京都・仁和寺、金堂の壁画
 - 産経ニュース
 真言宗御室派の総本山・仁和寺(京都市)で13日、国宝・金堂内の色鮮やかな五大明王の壁画が初めて一般公開されたそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

東京)旧古河庭園の秋バラ開花 青空に甘い香り 他

- 時事
● 金閣寺の「謎の池」は実在 義満、庭園の拡大めざす?
 - 朝日新聞
 世界遺産・金閣寺(京都市)で、鏡湖池の南側にあったとされた別の池の実在が発掘調査で確認され、室町時代中ごろに造られた可能性の高いことがわかった。

● 「日本の最も美しい」神社、来年1月に改名 2文字短く
 - 朝日新聞
 日本海の断崖絶壁に123基の鳥居が並ぶ景色が人気の山口県長門市の元乃隅稲成神社が来年1月、元乃隅神社に名称変更されることになった。

東京)旧古河庭園の秋バラ開花 青空に甘い香り
 - SankeiNews
 東京都北区の旧古河庭園の秋バラの開花が始まっているそうです。
 台風24号の影響で見頃は例年に比べて遅れたといいますが、約100種のバラが甘い香りを漂わせているそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

車体も窓も天井も「丸」 丸ノ内線に30年ぶり新型車 他

- 時事
● 中部空港新施設で記念式典 12日開業、最新旅客機展示
 - 産経ニュース
 中部国際空港会社(愛知県常滑市)は11日、空港内の新複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」の12日の開業を前に記念式典を開いた。

● アジアパラ:清掃ボランティア定着 日本人の活動きっかけ
 - 毎日新聞
 アジアパラ大会の開催都市・ジャカルタを清掃ボランティア「ジャカルタお掃除クラブ」が陰で支えている。6年前に日本人らが始めた活動が地元の人たちに引き継がれて定着した。

車体も窓も天井も「丸」 丸ノ内線に30年ぶり新型車
 - 朝日新聞
 来年2月、東京メトロ丸ノ内線にデビューする新型車両「2000系」が11日、報道公開されました。
 同線で約30年ぶりとなる新型車両。路線名にちなんだ「丸み」を帯びたデザインが特徴だといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

山形)杭掛け整然、「大蕨の棚田」に段々と実りの秋 他

- 時事
● 豊洲あす開場 築地からの引っ越し大詰め、ターレ並ぶ
 - 朝日新聞
 11日に開場する豊洲市場(東京都江東区)では、築地からの引っ越し作業が大詰めを迎えている。

パンダの赤ちゃん、目ぱっちり 保育器「卒業」 和歌山
 - 朝日新聞
 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで8月に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの目が、しっかりと開くようになった。
 5日には体温維持のために入っていた保育器を「卒業」した。

● モーツァルトで甘く育て 農園主、笑われても25年
 - 朝日新聞
 音楽で果物や名産品を育てるアイデアが広まっている。音響効果を疑問視する声もあるなかで、長年、真剣に取り組む生産者たちがいる。

山形)杭掛け整然、「大蕨の棚田」に段々と実りの秋
 - 読売新聞
 山形県山辺町の「大蕨の棚田」で、稲を天日干しする「杭くい掛け」が1000本以上整然と並び、実りの秋を感じさせている。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

栃木)レッサーパンダの赤ちゃん2匹公開 那須 他

- 時事
門司港駅、荘厳な姿復元 JR九州が本駅舎公開
 - 産経ニュース
 JR九州は9日、改修工事のため約6年にわたり本駅舎での営業を取りやめていた門司港駅(北九州市門司区)が11月10日に営業を再開するのに先立ち、駅舎の様子を公開した。

えびす様がジャンプ! 和歌山の神社で伝統神事
 - 産経ニュース
 高野山の麓にある和歌山県九度山町の古沢厳島神社で8日、氏子が扮したえびす様がジャンプを披露するユニークな伝統神事「えびすのお渡り」が営まれ、観光客らでにぎわった。

栃木)レッサーパンダの赤ちゃん2匹公開 那須
 - 下野新聞
 ふわふわした毛がぬいぐるみのようなレッサーパンダの赤ちゃん2匹が6日、栃木県那須町の那須どうぶつ王国で一般公開されたそうです。双子の雄で、名前はまだなく募集中とのことです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3