時事

NEW
懐かしの丸ノ内線車両 20年ぶり里帰り 一般公開(動画)

- 時事
懐かしの丸ノ内線車両 20年ぶり里帰りにファン興奮
ANNnews

アルゼンチンから里帰りした東京メトロ丸ノ内線の赤い電車。
10日に開かれたイベントで、20年ぶりに里帰りしてから初めて一般公開されたそうです。

普段、入ることのできない車両基地の中で撮影会や見学ができるツアーには、抽選で選ばれた180人が参加。懐かしの車両に出会えて感慨を抱いている様子です。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
小型ロケットなど打ち上げ、JAXAが日程発表 他

- 時事
小型ロケットなど打ち上げ、JAXAが日程発表
 - 読売新聞
 JAXAは、電柱サイズの小型ロケット「SS520」と、固体燃料ロケット「イプシロン」3号機の打ち上げ日程を発表。
 SS520は今月28日に、イプシロンは来年1月17日、いずれも鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げる予定です。


● 国内最高齢スマトラトラが大往生 顔立ちの美しさで人気
 - 朝日新聞
 “国内最高齢だったスマトラトラの「ラン」(メス、20歳)が死んだと、大阪府岬町のみさき公園が10日、発表した。人間の年齢に置き換えると90~100歳くらいだという。”


● 太陽の塔 内部公開まで残り100日のカウントダウン
 - 産経ニュース
 太陽の塔の内部公開が来年3月19日に決定し、公開まで残り100日となり、EXPOCITY(大阪府吹田市)内に設置された大型ビジョンでカウントダウン映像の表示が始まったそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
ルミナリエ開幕 鎮魂と再生願う光、神戸の夜を彩る 他

- 時事
● 地球周囲、24万キロ先まで水素広がる 立教大など観測
 - 朝日新聞
 地球を薄く取り巻いている水素原子の大気が、地球から月までの距離の約6割にあたる24万キロ先まで達していることが初めて確認されたそうです。立教大などの研究チームが発表。


駅舎赤く染め「カープ油津駅」に JR九州も快諾 宮崎
 - 朝日新聞
  広島東洋カープのキャンプ地、宮崎県日南市にあるJR日南線の油津駅が来年2月4日から赤く染まり、愛称も「カープ油津駅」になる。


● 「渡良瀬橋」の神社再建 森高千里さんも寄付呼び掛け
 - 産経ニュース
 5年前に火事で本殿が焼失し、全国から集まった寄付などで再建された栃木県足利市緑町の八雲神社の写真を紹介しています。
 9日に竣工祭が開かれたそうです。


● ルミナリエ開幕 鎮魂と再生願う光、神戸の夜を彩る(動画)
 - 産経ニュース
 阪神大震災の犠牲者の鎮魂と街の発展への願いを込めた光の祭典「神戸ルミナリエ」が8日夜、神戸市中央区の旧外国人居留地と東遊園地で開幕した。17日までの10日間。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
安全、復興願うサンタ灯台と雪だるま灯台=博多港 他

- 時事
「渡良瀬橋」あの神社が復活へ 森高さんも募金呼びかけ
 - 朝日新聞
 歌手の森高千里さんのヒット曲「渡良瀬橋」で歌われ、2012年に焼失した栃木県足利市の八雲神社が再建される。焼失を惜しむ全国のファンらから寄付金が寄せられ、復活の運びとなった。


● 討ち入り前まで…赤穂市職員が「四十七士」装束
 - 読売新聞
 赤穂義士祭(14日)を前に、兵庫県の赤穂市職員35人が、討ち入り装束をイメージした法被を着て窓口業務を行っているそうです。12日まで。


● 安全、復興願うサンタ灯台と雪だるま灯台=博多港(動画)
 - 時事通信
 “師走で船舶航行が賑わう博多港に「サンタ灯台」と「雪だるま灯台」が登場した。
 船舶を運航する人々に安全運航、海難防止の意識を高めるとともに、九州北部豪雨からの復興を願うのが狙い。
 2つの灯台は今月25日まで、行き交う船を見守る。”
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

神戸ルミナリエで「ハートフルデー」 他

- 時事
● 白鳥のような首、ペンギン似の前脚… 水陸両生の恐竜か
 - 朝日新聞
 モンゴル・ゴビ砂漠で、白鳥のような細長い首と、ペンギンの翼のような前脚を持つ新種の恐竜の化石が見つかった。
 陸では2本の後ろ脚で歩き、水中では前脚で泳ぐ水陸両生だったとみられる。

● スーパーカミオカンデのパズル、完売続出 難解さ人気
 - 朝日新聞
 東京大学宇宙線研究所(が10月下旬に売り出したオフィシャルグッズ「スーパーカミオカンデジグソーパズル」が異例の人気だ。
難易度の高さと研究設備の絵柄が評判で、完売が相次いでいる。

水曜日の手紙交換 島の入り江の白いポストで 宮城
 - 朝日新聞
 私設郵便局「鮫ケ浦(さめがうら)水曜日郵便局」は6日、宮城県東松島市の宮戸島に開局した。約500人が暮らす島の入り江に白いポストが設けられた。手紙を送った人には自分の知らない誰かから手紙が届き、自身の手紙も別の誰かに送られる。

● 神戸ルミナリエで「ハートフルデー」(動画)
 - 産経ニュース
 阪神大震災の鎮魂や記憶の継承を願う光の祭典「神戸ルミナリエ」が8日に開幕するのを前に、障害がある人や介助者を招いて点灯する「ハートフルデー」が6日夜、神戸市中央区の東遊園地で開かれたそうです。ハートフルデーは、今回で19回目。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

日本列島を10日間で縦断 24列車乗り継ぐ夢のツアー 他

- 時事
● 大阪・箕面で畑を彩る葉ボタン(動画)
 - SankeiNews
 植栽や生け花、門松など正月飾りに使われる葉ボタン。
 大阪府箕面市の新稲地区の農家では、葉ボタンの出荷が始まり、畑を鮮やかに彩る葉ボタンの様子を紹介しています。


● 「チバニアン」見学者殺到 連日数百人、市が急きょ対策
  - 朝日新聞
 「チバニアン(千葉時代)」と呼ばれる可能性がある千葉県市原市の地磁気逆転地層に連日、数百人の見学者が殺到しているそうです。


● ピンクのキリギリス、緑に映えて 静岡・磐田で展示
 - 朝日新聞
  緑に映えるピンク色のキリギリスが、静岡県磐田市竜洋昆虫自然観察公園で展示されている。


● 日本列島を10日間で縦断 24列車乗り継ぐ夢のツアー(動画)
 - ANNnews
 5日午後、10日間で日本列島を縦断する夢の列車ツアーが出発した。 9泊10日で全国24の列車を乗り継ぐ超豪華ツアーは、
JR7社による異例のタッグで実現した。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

自転車乗せられる専用列車「B.B.BASE」 他

- 時事
「パール」富士、山頂に真珠の輝き…御殿場
 - 読売新聞
 静岡県御殿場市で5日早朝、富士山の頂上に月が輝く「パール富士」が見られた。


● ローソンが「無人」店導入へ 首都圏2~3店、深夜帯に
 - 朝日新聞
  ローソンは、深夜や早朝の午前0時~5時は従業員が接客せずに「無人」で決済できる店舗を来春から導入するそうです。
 首都圏の2~3店舗で実験的に始める予定。


● ネコサイズのミニ家具、欧米から注文…動画注目
 - 読売新聞
 「大川家具」で知られる福岡県大川市が制作した「ネコ家具」の動画が国内外で注目されている。 →動画


自転車乗せられる専用列車「B.B.BASE」(動画)
 - 時事通信
 JR東日本千葉支社は、新たに開発した自転車を解体せずに乗せられるサイクルトレイン「B.B.BASE」を報道陣に公開しました。
 車両全体に自転車を積み込める専用電車は珍しく、JR東による運行は初めて。(読売
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

豪華な山車、夜の街彩る 秩父夜祭、見物客を魅了 他

- 時事
「冬タイヤ」、車止めずに高感度カメラで判別
 - 読売新聞
 西日本高速道路は今冬、走行中の車のタイヤを高感度カメラで撮影し、スタッドレスタイヤかどうかを自動識別するシステムを全国で初めて導入する。

● 闇夜見つめる、青色の「眼鏡」…千葉・南房総
 - 読売新聞
 千葉県南房総市白浜町の長尾川にかかる「めがね橋」の愛称で知られる眺尾橋の欄干、橋脚が青く彩られるイルミネーションが2日夜から始まったそうです。来月8日まで。

● 「取れすぎない」エコな伝統漁法 富山湾に世界が注目
 - 朝日新聞
 富山湾で江戸時代から続く伝統漁法「越中式定置網漁」を紹介しています。仕掛けの入り口は常に開放され、魚は「出入り自由」。
「環境に優しい漁業」とも称され、海外からも注目されるそうです。
入る魚のうち、7割程度は自然に出て行くといいます。

● 豪華な山車、夜の街彩る 秩父夜祭、見物客を魅了
 - 産経ニュース
 日本三大曳山祭として知られ、ユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭(埼玉県秩父市)の大祭が3日夜に開かれ、夜の街を彩る豪華絢爛な山車の引き回しに見物客が魅入ったそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

貴重な姿が・・・富士山の山頂付近に二層の「笠雲」 他

- 時事
● ボイジャー1号のエンジン、37年ぶり噴射成功
 - 読売新聞
 NASAは、太陽の影響下にある「太陽圏」を離れて飛行中の無人探査機ボイジャー1号に搭載され、1980年以来使っていなかったエンジンを37年ぶりに噴射させることに成功したそうです。


● シロクマ「ピース」18歳 400人が誕生日祝う(動画)
 - 共同通信
 国内で初めて人工保育された雌のホッキョクグマ「ピース」が2日、18歳になり、愛媛県の県立とべ動物園で誕生会が開かれた。


支出額日本一、京都の「パン愛」その理由は…
 - 読売新聞
 京都人の「パン愛」が止まらない。総務省の家計調査で、京都市は1世帯当たりのパンへの支出金額が日本一に。
 「手が汚れにくい軽食として職人が好んだ」など支持される理由には諸説あるといいます。


● 貴重な姿が・・・富士山の山頂付近に二層の「笠雲」(動画)
 - ANNnews
 富士山で3日朝に見られた、奇麗な「笠雲」の映像です。
 この笠雲が2つの層になる時間帯もあったそうです。
 笠雲は大きくなる時は雨が降りやすく、3日のように段々と小さくなる時は晴れが続く傾向があるといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3