話題

NEW
​宮崎監督が育った古民家、リピーターを生む空間とは(動画)

- 話題
宮崎監督が育った古民家、リピーターを生む空間とは
朝日新聞

アニメーション映画監督の宮崎駿さん(77)が幼少期に住んでいた栃木県宇都宮市の古民家を紹介しています。
現在は、焼き物や染め物などを展示販売するギャラリーとなっているそうです。

宮崎さんは戦争中、宇都宮に疎開し、小学3年生まで住んでいたそうです。宇都宮空襲で多くの家が焼失するなか、この家は免れたといいます。

築約90年の木造2階建て。
この家の繊細な造りは、宮崎作品の場面をほうふつとさせ、家の独特な雰囲気に作品が引き立てられ、リピーターとなって訪れる人も多いといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
ダンボみたいなタコの赤ちゃん 「耳」でふわふわ漂う(動画)

- 話題
ダンボみたいなタコの赤ちゃん 「耳」でふわふわ漂う
朝日新聞

ゾウの耳のような形のひれを使って泳ぐタコの赤ちゃんの映像です。米国などの研究チームが撮影に成功しました。

ディズニー映画の空を飛ぶ子ゾウにちなみ、英語で「ダンボ・オクトパス」と呼ばれる深海にすむタコの仲間で、生まれたての幼生が観察されたのは初めてといいます。

大西洋の深さ約2千メートルから採集した卵から生まれたタコの赤ちゃんは、大きな2枚のひれでふわふわと漂うように泳いでいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

NEW
ころころと雪の中をでんぐり返し―フィンランドでパンダ初公開(動画)

- 話題
ころころと雪の中をでんぐり返し――フィンランドでパンダ初公開
BBC News Japan

フィンランド・アフタリ動物園で一般公開されたパンダの映像です。

中国からフィンランドに15年間貸与されるパンダのつがいで、
17日に一般公開されました。
フィンランドにパンダがやって来たのは今回が初めて。

パンダが雪の中ででんぐり返しを繰り返して遊ぶ姿が、訪れた人たちを楽しませています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

3つ同時に出現…幻想的な“虹色現象”の共演(動画)

- 話題
3つ同時に出現…幻想的な“虹色現象”の共演
ANNnews

18日夕方、大阪市内でカメラが捉えた珍しい自然現象の映像です。

太陽の両側に見られる明るい光の塊「幻日(げんじつ)」、
太陽の周りに光の輪が現れる現象「日暈(ひがさ)」、
さらにその上には、逆さ虹とも呼ばれる「環天頂アーク」
の3つが同時に出現。幻想的な自然現象の共演が見られます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

幼児が線路にストン ミラノの地下鉄駅で(動画)

- 話題
幼児が線路にストン ミラノの地下鉄駅で
BBC News Japan

イタリア・ミラノの地下鉄駅で、2歳の幼児がホームを横切って線路に落ちる出来事がありました。
しかし、18歳の青年の勇気と駅員の機転で、幼児のモハメドちゃんはけがもなく、無事救出されたそうです。

母親が助けを求めるなか、18歳の青年は線路に飛び降り、モハメドちゃんをホームに引き上げ、それを見た駅員は電車を停止させたといいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

青森)風雪、寒さに耐えじっと春待つ寒立馬(動画)

- 話題
風雪、寒さに耐えじっと春待つ寒立馬/東通
東奥日報

青森県東通村尻屋で一年を通じて放牧されている寒立馬(かんだちめ)が、雪深い青森の冬を過ごす様子を紹介しています。

寒立馬は、青森県下北郡東通村尻屋崎周辺に放牧されている馬。厳しい冬にも耐えられるたくましい体格の馬です。Wikipedia

降り続く雪の中、寒さに耐え、草をはみながら、じっと春の訪れを待っています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

大阪)タヌキがすむ「いたすけ古墳」で樹木伐採(動画)

- 話題
大阪)タヌキがすむ「いたすけ古墳」で樹木伐採スタート
朝日新聞

世界文化遺産登録を目指す百舌鳥古墳群の前方後円墳「いたすけ古墳」(堺市)で、大きくなりすぎて墳丘を傷つける可能性のある樹木の伐採が行われているそうです。

一方、古墳には20年以上前からタヌキの家族がすみ、古墳にかかる朽ちた橋に出没。タヌキ目当ての観光客の姿も。

近くの住民らは「樹木の管理は必要だがタヌキがすむ周りの木は残して」「古墳とタヌキが共存できるよう工夫してほしい」と話しているそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​ドアを開けて仲間も通す 米社開発の犬型ロボット(動画)

- 話題
ドアを開けて仲間も通す 米社開発の犬型ロボット
BBC News Japan

米ボストン・ダイナミクス社が公開した、ドアを開けて別のロボットを通す動作ができるロボット「スポットミニ」の映像です。

犬の姿をしたロボットは、ドアの取っ手が分かるだけでなく、
取っ手を回して開けると、ドアを押さえてそばで待っていた別のロボットを先に通し、それから自分が入室するという人間のような動作をしています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3

​雪の下から大好物発見 北大 春待つエゾリス(動画)

- 話題
雪の下から大好物発見 北大 春待つエゾリス
北海道新聞

厳しく長い北海道の冬を、冬眠せずに生き抜くエゾリス。
札幌市の北海道大学のキャンパスでも、餌を探し求めて、春を待つエゾリスを時おり、観察できるそうです。

一番の好物は、冬が来る前にせっせと集めて、地面に埋めてあったクルミ。

深く積もった雪を掘り進み、クルミを探し当てると、樹の上に運び上げ、鋭い歯で堅い殻を割って黙々と実を食べています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3