時事・話題

アクティビティ
1

NEW
2017年6月27日

- 時事・話題
消費者庁の徳島拠点、7月下旬オープンへ
 - 朝日新聞
 消費者庁が、徳島県に設ける「消費者行政新未来創造オフィス」を同県庁内に7月24日、オープンすると発表しました。
 3年後に全面移転の可否を再判断することとしたそうです。


五輪ナンバー図柄5案公表 7月下旬に1作品選定
 - 産経ニュース
 国土交通省は、2020年東京五輪・パラリンピックを記念して発行する自動車用ナンバープレートの図柄5案を公表しました。7月下旬に1作品を選ぶそうです。


● 宮崎沖: アザラシ「すわちゃん」 一目見たいと観光客続々
 - 毎日新聞
 昨年6月に宮崎県串間市の沖合でゴマフアザラシの子供「すわちゃん」が見つかって1年、今も沖合から元気な姿を見せているそうで、1年も“移住”が続くのは珍しいといいます。
 観光客が続々と訪れており、高齢過疎の地で思わぬ「すわちゃん効果」が出ているそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
2

NEW
2017年6月26日

- 時事・話題
北アルプスに迫力のアーチ 富山・黒部ダムで観光放水
 - 産経ニュース
 壁面の高さが186メートルと日本一を誇る黒部ダム(富山県立山町)で26日、毎年恒例の観光放水が始まったそうです。放水は10月15日まで。


● ガラス戸に映り込むのも「美」…丹波あじさい寺
 - 読売新聞
 「丹波あじさい寺」として知られる観音寺(京都府福知山市)で、青や白などに色づいたアジサイがお堂のガラス戸に映り込み、美しさが一層引き立てられて参拝者の人気を呼んでいるそうです。


● 動物園のユニーク展示…ハリネズミの代役は
 - 読売新聞
 茨城県日立市かみね動物園で、ハリネズミの展示を休んでいる間の代役として、形の似た「たわし」を展示するアイデアが話題を集めています。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
3

2017年6月24日

- 時事・話題
高いところもへっちゃら ヤギの「空中散歩」が人気
 - 朝日新聞
 千葉県富津市のマザー牧場で、ヤギが空中散歩のように高原の橋の上を渡る「やぎの青空さんぽ」が人気を呼んでいるそうです。
 高いところが好きで崖なども苦にしないヤギの性質を生かそうと、高さ2mほどの橋を牧場の一角に張り巡らしたものです。


● 百舌鳥・古市古墳群 (動画)
 - SankeiNews
 世界文化遺産登録を目指している百舌鳥古墳群(大阪府堺市)、古市古墳群(同 羽曳野市・藤井寺市)などを紹介しています。空から撮影した動画で、全体像を見ることができます。


● 弥生時代4例目のすずり 倭人が文書作成に使う?
 - 産経ニュース
 福岡県筑前町の中原遺跡で、竪穴住居跡から見つかった石片が弥生時代後半のすずりとみられることが分かったそうです。
 「倭人がすずりを使って文書を作り、外交もしていた可能性がある」といいます。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
4

2017年6月23日

- 時事・話題
● 大阪城公園に新商業施設 訪日客らの来館見込む (動画)
 - 共同通信社
 大阪城公園に、飲食店やスポーツ施設などが入る新たな商業施設
「ジョー・テラス・オオサカ」が22日開業したそうです。
2階建ての施設を、空からの映像で紹介しています。


世界初、畳のスタバ 京都、清水寺近くに開店
 - 産経ニュース
 スターバックスコーヒージャパンは、京都市の清水寺近くに、伝統的な日本家屋を活用し畳の座敷を設けた世界初の店舗を30日に開くそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

2
5

2017年6月22日

- 時事・話題
噴火続く西之島、四半世紀ぶりに地図を更新ヘ
 - 読売新聞
 噴火活動が続いている西之島(東京都小笠原村)について、国土地理院は、四半世紀ぶりに地図を更新すると発表したそうです。
 島の大きさは、1991年に作成した地図の約9倍にあたる面積に。


● 敏感な味覚能力、人間の10万倍…ナマズの一種
 - 読売新聞
 ナマズの一種「ゴンズイ」が、餌に含まれるアミノ酸を敏感に感じ取る味覚能力があることを鹿児島大などの研究チームが解明したそうです。
味覚能力は人間の約10万倍にあたるといいます。


● カルガモ、元気に育って 大津のホテルで今年も誕生
 - 中日新聞
 滋賀県大津市のロイヤルオークホテルスパ&ガーデンズ内の庭園で、今年もカルガモが九羽生まれ、愛らしい姿を見せているそうです。


● ​久月「親子パンダ」を再発売 赤ちゃんパンダ「健やかに育て」想いを込め - 産経ニュース(動画)
 人形の久月は、上野動物園のパンダの赤ちゃん誕生を受けて、「親子パンダ」のぬいぐるみを再発売したそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
6

2017年6月21日

- 時事・話題
● ツバメの巣「見守って」、巣の下の改札1基閉鎖
 - 読売新聞
 JR鎌倉駅(神奈川県鎌倉市)で、ツバメが自動改札の真上に巣を作ったため、同駅は「ツバメ子育て中 やさしく見守ってください」と掲示するとともに、自動改札1基を閉鎖したそうです。


● 薄目開けていた「眠り猫」、本来の姿に塗り直し
 - 読売新聞
 『約60年ぶりにお色直しされた日光東照宮(栃木県日光市山内)の国宝「眠り猫」が、薄目を開けた状態に描かれていたため、修理を担当した日光社寺文化財保存会が目を閉じた本来の姿に塗り直していたことが分かった。』


ノド刺す感覚 激辛カップ焼きそば「わさマヨ」
 - 産経ニュース
 日清食品が発売中のカップ焼きそば「わさマヨ地獄U.F.O.」が、想像を超えた辛さにネット上で話題になっているそうです。


長崎・出島の橋、試験点灯 11月に130年ぶり完成へ
 - 産経ニュース
 江戸時代の鎖国下で海外との窓口だった長崎市の出島で20日、約130年ぶりに架けられた橋に設けるLED照明の試験点灯が行われたそうです。橋は11月下旬に完成予定。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
7

2017年6月20日

- 時事・話題
生命が存在?太陽系外の惑星新たに219個発見
 - 読売新聞
 ケプラー宇宙望遠鏡を使った観測で、太陽系の外にある恒星を回る惑星「系外惑星」とみられる天体219個が新たに見つかったそうです。
 このうち10個は地球とほぼ同じ大きさで、生命が存在する可能性があるといいます。


● ハイウエイパトロール、子鹿を救出 カリフォルニア州
 - 産経ニュース
 米カリフォルニア州で、ハイウエイパトロール官がパトロール中、流れの速い排水溝にはまった子鹿を発見し、助け出したそうです。


コウノトリ「ヤマト」 戻って来ちゃった…関係者困惑
 - 読売新聞(写真なし)
 コウノトリの野生復帰を目指す千葉県野田市が17日に放鳥した幼鳥が飼育施設に戻り、19日現在もケージ内で親鳥と過ごしているため、市関係者は複雑な心境で見守っているそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
8

2017年6月19日

- 時事・話題
魔女の宅急便: 女子高生キキの恋心描く アナザーストーリーをCMでアニメ化 - 毎日新聞
 宮崎駿監督の劇場版アニメ「魔女の宅急便」のアナザーストーリーが、日清食品のカップヌードルの新CM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」でアニメ化され、19日から放送をスタートしたそうです。
CM動画

コース途中「給メロン所」…甘いランニング大会
 - 読売新聞 (写真なし)
 「茨城メロンメロンラン水戸偕楽園」が18日、水戸市の千波湖畔を発着点に行われ、コース途中の「給メロン所」が人気を集めたそうです。

● 緑の中カラフルな色彩を満喫 「ところざわのゆり園」
 - 産経ニュース
 ユリの名所として知られる埼玉県所沢市の「ところざわのゆり園」で、早咲きのスカシユリが見頃を迎え、訪れた人たちの目を楽しませているそうです。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3
9

2017年6月18日

- 時事・話題
● ライチョウのひな誕生 国の人工繁殖事業で初
  - 共同通信社(動画)
 富山市ファミリーパークで、国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖で生まれた卵から、2羽のひながふ化したそうです。
 環境省などが進める人工繁殖事業で、成鳥まで育てつがいにし、ひなが誕生するのは初めて。


● 幻のヒョウ柄クラゲ、世界初の展示…繁殖に成功
  - 読売新聞
 神奈川県藤沢市の「新江ノ島水族館」と、相模原市の北里大海洋生命科学部にある「北里アクアリウムラボ」で今月から、ヒョウ柄の見た目が特徴の「ヒョウガライトヒキクラゲ」の展示が始まりました。


● 甘い香りにうっとり 鳥取で「ゆりまつり」
  - 産経ニュース
 鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で17日、国内外の珍しいユリなど約6万3千球を集めた「ゆりまつり」が始まり、来場者の目を楽しませたそうです。7月2日まで。
続きを見る >>
アクティビティ

いいね!

3